アパレル・ファッション 美容・健康

【マスク=白はもう古い!?】オシャレ女子1,103人に調査して判明したマスクの新たな使われ方とは…

萬祥株式会社
フィルタ研究から生まれたNZ産デザインマスク

萬祥株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:塚本 舜也)は、メイク・ファッションが好きな20代女性を対象にデザインマスクに関するアンケートを実施し、デザインマスクの流行について調査しました。


この時期になると、街中でマスクを着用している人をよく目にしますよね。
従来は、マスクといえば白が一般的でした。

しかし最近、黒やピンクといった色付きのマスクや花柄のマスクを着用している人を見かけませんか?
このようなマスクはデザインマスクと呼ばれています。

特に10代~20代の若者が着用しているのをよく見るという方も少なくはないでしょう。
ではなぜ、白色のマスクではなく色付きや花柄といったデザインマスクを着用する人が増えたのでしょうか?

そこで今回、萬祥株式会社(http://www.mansyou.co.jp/)は、メイク・ファッションが好きな20代女性を対象に、デザインマスクに関するアンケートを実施しました。

マスクの新常識が明らかになりました!


デザインマスクを使用している方は3人に1人!どんなデザインのマスクを使っているのか…!?

まず、メイク・ファッションが好きな20代女性のなかで、どのくらいの割合の方がデザインマスクを使用しているのでしょうか。



「デザインマスク(色付きや柄物)を使っていますか?」と質問したところ、3割以上の方が『はい(32.4%)』と回答しました。
3人に1人が実際にデザインマスクを使っているようです。

具体的にどのようなマスクを使用しているか聞いたところ、『黒やグレーのマスク』『薄いピンク色のマスク』『幾何学模様のマスク』『ピンクの花柄マスク』などの回答が集まりました。

様々なデザインマスクを使用しているようですね。


デザインマスクを使うようになったきっかけを調査!その結果、明らかになったこととは!?

20代女性の3人に1人がデザインマスクを使用していると判明しました。
ではなぜ、ここまでデザインマスクを使用する方が増えたのでしょうか。


そこで、「なぜデザインマスクを使うようになりましたか?」と質問したところ、『ファッションの一部として(30.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『小顔効果(25.4%)』『機能性も高かったため(23.9%)』『インスタ映え(13.5%)』と続きました。

マスクは、一般的には風邪やインフルエンザ対策のために使用するものです。しかし、色付きや柄物のデザインマスクが登場したことにより、ファッションの一部や小顔効果のためといった本来の使い方とは違った使われ方がされているようです。

■なぜデザインマスクを使うようになったの?きっかけは?
・「マスク=病人と思われるのが嫌だったから」(埼玉県/学生)
・「白だとおじさんとかみんなが同じだから、女性らしくピンクが可愛いと思ったから」(埼玉県/専業主婦)
・「インスタで流行ってたので使い始めたが、小顔効果が得られたため、今も使っている」(岐阜県/学生)
・「フィット感や普段とは違う雰囲気になれるところが気に入ったから」(広島県/専業主婦)

など様々なエピソードが集まりました。


マスクはファッションの一部!?半数以上の女性がファッションに合わせてデザインマスクを変えると判明

デザインマスクをファッションの一部として取り入れている女性が多いことが判明しました。
実際にデザインマスクを使うことで、印象が変わるのでしょうか?

「マスクの色や柄で印象が変わりますか?」と質問したところ、9割近くの方が『はい(89.3%)』と回答しました。
デザインマスクが与える影響は大きいようです。
では、その日のファッションによってデザインマスクを変えている女性は何割いるのでしょう。


そこで、「その日のファッションによってデザインマスクを変えますか?」と質問したところ、半数以上の方が『はい(53.0%)』と回答しました。
2人に1人の女性が、その日のファッションによって、黒やピンク、柄物といったデザインマスクを使用しているようです。
風邪やインフルエンザ対策もしながらオシャレを楽しんでいるのではないでしょうか。


カラーバリエーションが豊富なデザインマスクが選ばれやすいと判明!


デザインマスクがファッションの一部になりつつあると判明しました。
では、デザインマスクを使う女性はどういったデザインを選ぶ傾向にあるのでしょうか。


そこで、「どのようなデザインのマスクであれば使ってみたいですか?」と質問したところ、『カラーバリエーションが豊富(36.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『柄のパターンが豊富(21.7%)』『どんなファッションにも合わせやすい(21.7%)』『機能性も高いもの(19.2%)』と続きました。
色と柄であれば、色が豊富なデザインマスクを選ぶという方が多いようです。

その日のファッションによって色合いを調整したいため、カラーバリーエーションが豊富なデザインマスクがあれば使いたいという方が多いのでは…!?



デザイン性VS機能性 今どきの20代女性はどちらを重視するのか…

マスクを使う上で忘れてはならないのが、機能性です。

ファッションの一部としてデザインマスクを使用している方が多いものの、機能性が悪ければがっかりしてしまいますよね。特にこの時期であれば、風邪やインフルエンザもしっかりと対策したいところです。
では普段使うマスクのデザイン性と機能性、どちらを重視し選ぶのでしょうか。


「普段使いのマスクを選ぶならデザイン性と機能性どちらを重視しますか?」と質問したところ、若干数『機能性』が多いという結果となりました。

オシャレなマスクを使いたいが、機能性も考慮した上でデザインマスクを選んでいるようです。
デザイン性と機能性の両方が高いデザインマスクであれば使いたいという方も多いのでは…!?


高い機能性と高いデザイン性…NZ産のMEO/X(ミオエックス)

今回の調査で、デザインマスクの使用目的やきっかけが明らかになりました。

デザインマスクが登場したことで、マスク本来の使用目的とは違った使われ方がされるようになったようです。

今までは「マスク=白色」というイメージがありましたが、これからは「マスク=様々なデザイン」へと移り変わるのかもしれません。
しかし、忘れてはならないのが、機能性です。

デザイン性と機能性の両方が高い…そんなマスクがあれば嬉しいですよね。
実は、そんなマスクが存在します!


それが、萬祥株式会社http://www.mansyou.co.jp/)が販売する、『MEO/X(ミオエックス)』https://www.mansyou.co.jp/?p=535)です。

日本初上陸となるニュージーランド産デザインマスク!
花粉・PM2.5・微粒子を99%カットする高い機能性と、一目見て思わず感動する高いデザイン性が大きな特長。
どんなファッションでも似合う定番の白・黒からエンボス加工の<フラワー柄>まで展開しています!

女性用セットは、優しい印象に見せてくれる3カラー(ピンク・イエロー・グレー)のため、その日の気分やメイクに合わせて選べます。

長時間着用していても耳が痛くなりにくい幅広ゴム仕様もポイント!
さらに、心安らぐマヌカフラワーの香り付きで、着用中は癒し効果も期待できます。

ドラッグストア・東急ハンズ・インターネットで手軽に購入可能。

友だちから「それどこの?」と聞かれること間違いなし!
<高い機能性×心くすぐるデザイン>の『MEO/X(ミオエックス)』https://www.mansyou.co.jp/?p=535)をぜひ一度お試しください。


萬祥株式会社はヘルス&ビューティーグッズEXPOに出展します




この度、萬祥株式会社は、1月20日(月)~22日(水)の3日間、幕張メッセで開催される「第3回 国際 ヘルス&ビューティグッズ EXPO【春】」(https://www.lifestyle-expo-spring.jp/ja-jp/about/hbsp.html)に出展いたします。

『MEO/X(ミオエックス)』を商品として出展いたしますので、ご来場の際はぜひ萬祥株式会社のブースにお立ち寄りください。

■日時:2020年1月20日(月)~22日(水)
■会場:幕張メッセ
■来場方法:展示会招待券
■出展商品:MEO/X(ミオエックス)


萬祥株式会社

■萬祥株式会社:https://www.mansyou.co.jp/
■MEO/X(ミオエックス):https://www.mansyou.co.jp/?p=535
■TEL : 03-5806-9360
■お問い合わせ:https://www.mansyou.co.jp/?page_id=83

調査概要:『デザインマスクに関するアンケート 』
【調査期間】 2019年12月27日(金)~2019年12月28日(土)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,103人
【調査対象】 メイク・ファッションが好きな20代女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会