医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

ファストドクター株式会社が国立大学法人筑波大学と救急医療分野での共同研究を開始

ファストドクター株式会社
~救急受診支援システムの導入による社会的効果の定量評価を目指す~


 ファストドクター株式会社(代表取締役:菊池 亮(医師)・水野 敬志、以下ファストドクター)は、国立大学法人筑波大学(学長:永田 恭介)と、救急医療分野での共同研究契約を締結いたしました。

ファストドクター株式会社 代表取締役・医師 菊池 亮

 本契約に基づき、ファストドクターと研究グループは、科学的エビデンスに基づく新しい救急受診支援システムの提案と、同システムが与える社会的効果の定量評価を行い、適切な救急医療の在り方への幅広いエビデンス創出を目指してまいります。本研究を通して提案する新システムが与える社会的効果の定量評価は、加速する超高齢化社会に受容される新たなサービス創出の際の指針となることが期待されます。


 この度の共同研究では、筑波大学が主に公衆衛生学・ヘルスサービスリサーチの立場から、学術的に救急受診支援システムにおける質の評価を担当し、ファストドクターが主にサービス機能の体系化を担当する予定です。

 本共同研究は社会経済の変革にまでつながる具体的成果創出(イノベーションの創出)を目的として、ファストドクターが最適な研究パートナーを探索し、研究課題の検討段階から、学内研究者の研究手法と産業への応用を考慮して検討を加え、合意に至ったものです。

 ファストドクターは、今回の筑波大学との共同研究において、双方の強みを最大限に活かし、独創性のある研究成果や知的財産権を創出してまいります。更に、その成果を高齢化社会における最適な救急医療サービス創出のために活用しながら、教育・研究機関・政府・官公庁および産業界における新たな価値の創造に繋げ、社会への還元・貢献を目指してまいります。

ファストドクター株式会社
https://fastdoctor.jp/corporate/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会