ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

メディアシークの「バーコードリーダー/アイコニット」、医療用医薬品のパッケージのバーコード(GS1データバー限定型)読み取りに対応。一般向け関連文書 / 医療従事者向け文書 / 添付文書を表示可能に

株式会社メディアシーク
メディアシークのバーコード読み取りアプリ「アイコニット」が医療用医薬品のバーコード(GS1データバー限定型)読み取りに対応しました!


株式会社メディアシーク(本社:東京都港区、代表:西尾直紀、以下「メディアシーク」)が提供する、累計3,400万超ダウンロードのスマートフォン向け高付加価値バーコード読み取りアプリ「バーコードリーダー/アイコニット」(以下「アイコニット」)最新版に、医療用医薬品のパッケージに印刷されているバーコード(GS1データバー限定型)を読み取ることで、一般向け関連文書 / 医療従事者向け文書 / 添付文書を表示可能にする、新機能が追加されました。


[背景]

2021年8月1日に改正薬機法が施行され、医薬品製造販売業者は医薬品等の最新情報を速やかに提供するため、医薬品等に同梱していた添付文書(添文)を電子化・紙の添文は原則廃止されることになりました。これは世界的な取り組みであるSDGs(持続可能な開発目標)に沿った施策でもあります。


[機能概略]

医療用医薬品のパッケージ(錠剤の包装フィルムや外箱)には、「GS1データバー」という規格に基づいたバーコードが印刷されています。「GS1データバー」にはいくつかの種類があり、その一つである「GS1データバー限定型」は、錠剤の包装フィルムに広く使われています。この度、「アイコニット」の新機能として、「GS1データバー限定型」のバーコードから読み取った医療用医薬品の情報に基づいて、PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構https://www.pmda.go.jp/)が提供している「一般向け関連文書」「医療従事者向け文書」「添付文書」へのスムーズなナビゲーションを提供することとしました。また、「一般向け関連文書」のリンクから「くすりのしおり(R)」を見ることもできます。


[機能詳細]

・医療用医薬品のパッケージに印刷されているバーコード(GS1データバー限定型)を自動判別し、読取結果を表示します。

・「読取履歴」に読取情報が自動保存されます(直近100件)。

・読み取った医療用医薬品に関する「一般向け関連文書」「医療従事者向け文書」「添付文書」を表示するボタンが配置され、タップすることでそれぞれ表示することができます。

・「一般向け関連文書」にあるリンクから「くすりのしおり(R)」を表示することができます。





※医療用医薬品の包装フィルム以外の外箱などに、GS1データバー限定型と異なるバーコードが使用されている場合があります。これらGS1データバー限定型以外のバーコードには対応しておりません。


「バーコードリーダー/アイコニット」は、世界最高レベルの性能を誇るスマートフォン向け国産QRコード/バーコード読み取り定番アプリです。あらゆる環境で素早く確実に読み取れる安定的な読み取り性能に加え、楽天ポイントとの連携や毎月実施されるキャンペーン、ICカードリーダーなど、ユニークな独自機能が評価され、世界中でユーザーを拡大しています。


「アイコニット」はこれからも、デジタル時代の万能の《眼》として、ユーザーの皆さまに支持していただけるよう進化を続けてまいります。


「アイコニット」最新版のダウンロード / インストールはこちらから

◆Google Playストア(Android版)Ver.4.7.46

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.qricon.app_barcodereader

◆App Store(iOS版)Ver.4.7.51

https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id480090210


「バーコードリーダー/アイコニット」公式サイトURL:
https://www.iconit.jp/


QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。「バーコードリーダー/アイコニット」およびメディアシークロゴは株式会社メディアシークの商標または登録商標です。その他本プレスリリースに記載の会社名および商品名/サービス名は各社・各団体の商標または登録商標です。

本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承下さい。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)