エンタテイメント 医療・医薬・福祉

進化する人工関節のロボティックアーム手術に密着!「生きがいをつなげ!ロボット×医療 最前線」放送!

テレビ大阪株式会社
【テレビ大阪】12月21日(火)夕方5時22分~ 「生きがいをつなげ!ロボット×医療 最前線」

2025年には国民の4人に1人が後期高齢者となる日本。 体力低下や寝たきりの状態にある高齢者の増加、それに伴う医師不足への対応が求められる。 そんな社会課題を解決する一手として今注目されているのがテクノロジーを駆使した様々な医療サービス。 これからの日本に求められる、高齢者の日常生活を支え、健康寿命を伸ばす取り組み、その最前線を紹介する。





1⃣ロボティックアームによる人工関節手術
軽症者を含めると約400万人が罹患していると言われる変形性膝関節症。
最新治療として注目を集めるのが、ロボティックアームを駆使した人工関節置換術だ。
患者のCT画像を3次元化し、足が動く範囲をシミュレーション。
医師と組んで精密な手術計画を実行することで、患者への負担を軽減することに成功した。
(C)TVO
2⃣歩行支援ロボット
日々の歩行を助ける目的で開発されたロボット。
足の動きをセンサーが感知して、モーターがワイヤーを伸縮させて歩行をアシスト。
高齢化で社会問題となりつつある「フレイル」への対策の一手として注目を集める。
(C)TVO


3⃣手術支援ロボット「HINOTORI」
国産初の手術支援ロボ。5年の歳月をかけ開発され、昨年12月に1例目の手術を成功。
今年4月には商用5Gを使った遠隔手術の実証実験もスタート。
時間や場所の制限を飛び越え、誰もが専門医の手術が受けられる時代が近づいている。
(C)TVO
番組HP https://www.tv-osaka.co.jp/sp/robot_medical/
リポーター 福谷清志(テレビ大阪アナウンサー)
(C)テレビ大阪
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)