美容・健康 ネットサービス・アプリ

エス・エム・エスとピースマインド・イープが業務提携 遠隔チャットを活用した未病・予防からEAP(従業員支援プログラム)まで日本初の健康経営ワンストップサービスを展開

株式会社エス・エム・エス
~身体と心の両面から従業員をサポートし、企業の健康経営推進へ~


株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部、本社:東京都港区、以下「エス・エム・エス」)とピースマインド・イープ株式会社(代表取締役社長:荻原英人、本社:東京都中央区、以下「ピースマインド・イープ」)は、両社がもつネットワークを活用し、企業の健康経営サポート強化を目的に、業務提携を締結したことをお知らせします。本業務提携を通じ、エス・エム・エスのICT・IoTを活用した未病・予防の知見と、ピースマインド・イープのEAP(従業員支援プログラム)を活用したメンタルヘルス支援の知見と実績を活かし、従業員等の健康増進、メンタルヘルスケア、働きやすい職場づくりなど多岐に渡る健康課題へ対応します。

昨今、従業員等の健康維持促進を経営的な視点で考え、従業員等の活力向上や生産性向上を目指し、健康投資を行う「健康経営」への動きが高まりを見せています。そのような中、職場と働く人が抱える悩みが多様化しており、さまざまな解決策が求められています。

エス・エム・エスは、健康保険組合向け「遠隔チャット指導」による特定保健指導や重症化予防、企業人事向け「女性の健康経営サポート」による女性特有の健康課題を支援といった「健康経営ソリューションサービス」を提供しています。働く人の健康維持・改善や管理のサポートを通じて企業の健康経営課題解決を支援しており、特定保健指導遠隔チャット指導は、2018年1月のサービス提供から1年で約50の健康保険組合への導入に至っています。

ピースマインド・イープは、職場と働く人が抱える課題解決を目指し、社員、マネジメント、組織の3つの側面からメンタルヘルスケアプログラム「EAP」やストレスチェック、研修・コーチングなどのサポートを提供しています。心理学や行動科学の観点から「働く人」と「企業」に解決策を提供するEAPサービス・ストレスチェックは、1998年の創業以来、日本・アジア地域のEAPサービスのリーディングカンパニーとして、のべ1,000以上の団体に導入してきました。

本業務提携は、エス・エム・エスの特定保健指導遠隔チャット指導などの従業員健康維持・改善サポートのノウハウと、ピースマインド・イープの従業員等の悩みの解消やマネジメントおよび組織課題の解決支援ノウハウにより、企業の健康経営課題に対してトータルでのサポートを目指すものです。企業が抱える健康経営課題は、多岐に渡っています。エス・エム・エスとピースマインド・イープのサービスを組み合わせて導入することで、健康経営にかかわるより幅広い課題解決を推進することが可能となります。またそれぞれの強みを活かし、今後のサービス開発・改善にも活かしていきます。

【業務提携の内容】
(1) 両社サービスの提供
・健康経営課題のトータル解決へ向け、両社サービスの提供および提案
(2) 企業向け健康経営ソリューションサービスにおける協業サービス開発等
・両社のサービスとノウハウを活用したサービス改善や開発、各種協業施策の展開について検討

【従業員支援プログラム(EAP:Employee Assistance Program)について】

EAPは、従業員のメンタルヘルスからワークライフ等のあらゆる課題をトータルにサポートする働く人の支援制度です。導入により従業員や組織全体の生産性向上を行うことができると言われており、米国ではフォーチュントップ500のうち、90%以上の企業がEAPを導入しています。ピースマインド・イープのEAPは、職場のパフォーマンスを向上させるために、心理学や行動科学の観点から「働く人」と「企業」に解決策を提供するプログラムとなっています。社員へのカウンセリング、マネジメント(人事含む)や社内の専門家(産業医、産業保健スタッフ等)に対するコンサルテーション(コーチングを含む)により社員の生産性に影響している課題のスムーズな解決を目指しています。対面・電話・オンライン・訪問などさまざまなチャネルを通じて提供が可能です。

【エス・エム・エスの健康経営ソリューションについて】

1.医療従事者による遠隔チャット指導サービス
インターネットを活用した、遠隔による特定保健指導等を実施するサービスです。参加者はアプリを利用し、スマートフォンでのWeb面談後、チャットを通じ、担当の管理栄養士から定期的に指導を受けることができます。本サービスでは、特定保健指導の実施率・継続率の向上、全国に散らばる事業所での保健指導実施や、被扶養者向け対応など、医療保険者の抱える課題の解決にも貢献しています。

2.健康経営サポートサービス
従業員の健康増進や生産性向上を推進するサービスです。健康経営の推進に向けたコンサルティングから、医療従事者のネットワークを活用したサービスの提供・効果検証まで健康経営に関わるソリューションをワンストップで提供しています。女性特有の健康課題、疾病による従業員の長期休業の予防、仕事と介護の両立支援など企業ごとの課題に絞ったサービス提供も可能です。

【ピースマインド・イープ株式会社について】
1998年創業、日本・アジア地域におけるEAPサービスのパイオニア企業。アジア地域で唯一、国際水準の品質認証「産業医科大学メンタルヘルスサービス機関機能認定」を取得している民間企業です。「はたらくをよくするエコシステムを創りいきいきとした人と職場を増やす」を企業ビジョンとし、健全で、心豊かな、明るい未来社会に貢献し続けることを目指しています。
公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士・産業カウンセラー・保健師・看護師等の有資格社員および国内外の幅広いネットワーク体制で約1,000社・対象人数約80万人のサポートをしています。
名 称:ピースマインド・イープ株式会社
所在地:東京都中央区銀座3-10-6 マルイト銀座第3ビル8F
代表者:代表取締役社長 荻原 英人
会社設立:2004年3月(創業:1998年9月)
資本金:9,025万円(2018年3月31日現在)
従業員数:72人(2018年12月31日現在)
事業内容:EAPサービス、ストレスチェックの実施、組織分析、職場改善支援、研修/コーチング
URL:https://www.peacemind-jeap.co.jp/

【株式会社エス・エム・エスについて】
2003年創業、2011年東証一部上場。「高齢社会に適した情報インフラを構築することで価値を創造し社会に貢献し続ける」ことをミッションに掲げ、「高齢社会×情報」を切り口にした40以上のサービスを開発・運営しています。
名 称:株式会社エス・エム・エス
所在地:東京都港区芝公園2-11-1住友不動産芝公園タワー
代表者:代表取締役社長 後藤 夏樹
会社設立:2003年4月
資本金:21億6,765万円(2018年3月31日現在)
従業員数:連結:1,953人、単体307人(2018年3月31日現在)
事業内容:高齢社会を、介護、医療、キャリア、ヘルスケア、シニアライフ、海外の6つと捉え、さまざまなサービスを開発・運営
URL:https://www.bm-sms.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会