美容・健康 出版・アート・カルチャー

現代アーティスト「乾シンイチロウ氏」とコラボ、「床に敷くアート」として空間から気分を上げる新感覚のハイブリッドヨガマットの先行予約販売をクラウドファンディングで開始

株式会社ライフアクティベーション
「ただ生きるんじゃなく、よく生きよう!」をスローガンに掲げ、人生を活性化させるコンテンツやサスティナブルなプロダクトを発信するウェルネスベンチャーの株式会社ライフアクティベーション(本社:大阪市中央区難波 代表取締役CEO:糸川 絡久、以下ライフアクティベーション)は、クラウドファンディングサイト「Makuake」を通して、現代アーティスト「乾シンイチロウ氏」とコラボレーションしたハイブリッドヨガマットの先行予約販売を2021年12月22日(水)より開始します。先行予約特典として、一般販売予定価格14,300円(税込)のヨガマットを最大38%OFFとなる8,866円(税込)で購入できます。


「ただ生きるんじゃなく、よく生きよう!」をスローガンに掲げ、人生を活性化させるコンテンツやサスティナブルなプロダクトを発信するウェルネスベンチャーの株式会社ライフアクティベーション(本社:大阪市中央区難波 代表取締役CEO:糸川 絡久、以下ライフアクティベーション)は、クラウドファンディングサイト「Makuake」を通して、現代アーティスト「乾シンイチロウ氏」とコラボレーションしたハイブリッドヨガマットの先行予約販売を2021年12月22日(水)より開始します。先行予約特典として、一般販売予定価格14,300円(税込)のヨガマットを最大38%OFFとなる8,866円(税込)で購入できます。




『床に敷くアート』空間をデザインするハイブリッドヨガマットとは

無地中心のトレーニング・ヨガマットに芸術を吹き込みました。数々の著名人や有名ブランドとのコラボレーション実績のある、現代アーティスト 「乾シンイチロウ氏」が描いた作品をマットに投影し、アート×フィットネス×サスティナブルが融合した新感覚のハイブリッドヨガマットが誕生。乾氏は現代社会に対しての問題定義をテーマにアート作品を制作しています。”記憶が消えることの意味・美しさ"はインターネット社会による情報過多の現代において、多くの人の脳内で共感する部分も多いのではないかと思います。このヨガマットを通して、乾氏が発信するメッセージに共感し、美しいデザインに癒される人が増えることを願っています。





ハイブリッドヨガマットの特徴



■空間から気分をあげる
アートを飾ると空間を華やかにしてくれます。ライフアクティベーションのハイブリッドヨガマットも同様に、トレーニングする空間をデザインし、あなたの気分を上げてくれます。


■アーティストコラボレーション
LIFE ACTIVATION × SHINICHIRO INUI
現代アーティスト 乾シンイチロウ氏とのコラボレーションが実現。乾氏は、現代社会のSNS問題や消費主義のファッションやアートについての問題定義を掲げ作品を制作しています。今回、乾氏が描いた美しい作品を、サスティナブルなマットに投影しました。


■インテリアに馴染む『床に敷くアート』
通常ヨガマットは、ヨガや筋トレをする時のみ床に敷き、終われば丸めて片付けますが、ライフアクティベーションのハイブリッドヨガマットは「床に敷くアート」なので、ラグ感覚で敷けばおしゃれなインテリアとしてお部屋を華やかにします。


■エコフレンドリー
エコフレンドリーな天然ゴムと、肌触り抜群なシンセティックスウェードを使用。マット表面は汗で濡れた状態でも滑りにくく、抜群のグリップ力を発揮します。十分なクッション性を備えているので、横になった際にリラックス効果も期待できます。プリント工程で水を使用しないため、汚水を出さず乾燥機の必要もありません。ガスや電気の大量消費・CO2の排出も軽減する地球に優しい熱転写プリントで仕上げています。



ヨガマットの商品紹介



Title / BURST
思春期の青い炎の様に燃える情熱を表現しています。


Title / BLOOMS
タイトルは日本語で「花」を意味します。人が美化しやがて失っていく記憶を、咲いては散っていく花に見立てて表現した作品です。写真を脱色して油彩やアクリルをペイントして制作。脱色は記憶の忘却を表現し、ペイントは記憶の再構築を表しています。散りゆく花と記憶をリンクさせ、消えることの意味・美しさを表しています。



Title / Red Lip
思春期の女性の複雑で繊細な内面をブルーとグリーンで表現し、赤いリップは大人になる階段の象徴として表しています。




Title / Do You In Love ?
断片的なイメージをコラージュし、複雑で入り組んだ人の愛情を表現しています。愛を美しい花として表わし、その裏に存在する黒い花も同時に描きました。


Title / Japanese Garden
日本庭園の写真をベースに、グラフィティ感のあるポップなペイントを乗せています。戦後、西洋のカルチャーを取り入れ発展した現代の日本の” 今” を表現しています。


Title / Little Wings
アーティスト自身が個人的に好きな、ジミ・ヘンドリックスの曲Little wingsをタイトルにしました。若くして亡くなったジミ・ヘンドリックスの見た景色をイメージして制作しています。ディストーションの効いた力強いギターの音色を色とスプレーで表現しています。


Title / SACRIFICE
大量生産と自然破壊など様々な問題の上に成り立っているこの社会で、多くの犠牲の上で幸せを追い求める人間を表現しています。



先行予約販売のご案内

先行予約販売の告知は、公式LINEアカウントから通知します。下記の公式サイトよりLINEの友だち追加をすると、先行予約販売に関する情報を受け取ることができます。
ライフアクティベーション公式サイト:https://lifeactivation.jp/mat/



アーティストプロフィール

乾シンイチロウ/アーティスト
大阪府東大阪市出身、18歳から単身で渡米。オレゴン大学芸術学部で学士(BFA)を取得後、活動拠点を大阪に移す。作品にはペインティングやコラージュ、油彩画、写真、映像、さらにはファッションツールまで、多様な素材や技法を駆使しており、現代社会のSNS問題や消費主義のファッションやアートについての問題定義を掲げ制作しています。アーティスト本人が手がけるブランド「guernika」では服やバッグにペイントを施すなど、アートとファッションの垣根を越えた新しいクリエーションの世界を提案しています。

メッセージ
今回、私の作品をヨガマットに投影する事で、今までにない新しいプロダクトの可能性を感じる機会となりました。私が生み出す作品には一貫して"記憶が消えることの意味・美しさ"を表現しているのですが、この混沌とした緊迫感のある世界で、このヨガマットを通して癒される人が一人でも増えることを願っています。



代表からのメッセージ


株式会社ライフアクティベーション
代表取締役CEO 糸川 絡久
LIFE ACTIVATIONは「ただ生きるんじゃなく、よく生きよう!」をスローガンに掲げ、人生を活性化させるコンテンツやサステナブルなプロダクトを発信するライフスタイルプロジェクトです。 「より多く」よりも「より良く」という価値観を大切にし、物質的な豊かさに満たされた生活ではなく、心身ともに満たされた生活に焦点をあて、心も身体も健康的で心地よいと思えるライフスタイルを提案します。 このたび、私が尊敬する現代アーティスト 乾 シンイチロウ氏とコラボレーションで完成したハイブリッドヨガマットのアップデートを行いました。プロのインストラクターも絶賛するクオリティをさらに高め、販売価格の見直しにも成功しました。 美しいデザイン、高いグリップ力や耐久性など、世界に通用するヨガマットだと自信をもってお届けします。是非、進化を遂げたハイブリッドヨガマットをお買い求めください。応援よろしくお願い致します。



LIFE ACTIVATIONについて


「ただ生きるんじゃなく、よく生きよう!」をスローガンに掲げ、人生を活性化させるコンテンツやサステナブルなプロダクトを発信するライフスタイルプロジェクト。「より多く」よりも「より良く」という価値観を大切にし、物質的な豊かさに満たされた生活ではなく、心身ともに満たされた生活に焦点をあて、心も身体も健康的で心地よいと思えるライフスタイルを提案します。

公式サイト:https://lifeactivation.jp/mat/
LINEアカウント:https://lin.ee/EMCS4yq
Instagram:https://www.instagram.com/life.activation/
YouTube:https://m.youtube.com/channel/UCB5trMsCLK7qA28cWopCUdA/feed
※先行予約販売の告知は、LINEで通知するので、公式サイトからの友だち追加をお願いします。

株式会社ライフアクティベーション
所在地:大阪市中央区難波5-1-60 WeWork なんばスカイオ27F
設立年月:2021年9月
代表取締役:糸川 絡久
事業内容:スポーツ用品、雑貨の輸入・企画および販売、ウェルネスメディアの運営
HP:https://lifeactivation.jp/
Mail:admin@lifeactivation.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)