広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

遺伝子増幅技術の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR2.0%で成長すると予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「遺伝子増幅技術の世界市場:技術別、ダウンストリームアプリケーション別、サンプルタイプ別、製品別、最終用途別、地域の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2021年~2028年)」(Grand View Research, Inc.)の販売を12月17日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/grvi1036645-gene-amplification-technologies-market-size-share.html




遺伝子増幅技術の市場規模は、2020年に262億8,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけてCAGR2.0%で成長すると予測されています。分子診断、ゲノミクス、生物学的研究、遺伝子検査の分野における研究開発の必要性が高まっていることが、市場成長の主な要因となっています。また、COVID-19の遺伝子増幅法に基づく診断検査が次々と開発されていることも、市場をさらに牽引しています。SARS-CoV-2感染の検出には、PCRベースの診断テストがゴールドスタンダードのアプローチと考えられています。主要プレイヤーによる製品の発売や技術の進歩により、POCの場でCOVID-19の高感度かつ迅速な診断が可能になると期待されています。

先進的なDNA増殖技術の状況が絶えず拡大していることは、同市場の重要な推進力の1つです。ループ媒介増幅に関する技術の進歩により、NASBA(Nucleic Acid Sequence Based Amplification)、RCA(Rolling Circle Amplification)、LAMP(Loop-Mediated Isothermal Amplification)などの代替技術や先進技術が広範囲に研究されています。これらの技術は、高価なサーマルサイクラーが不要であること、増幅速度が速いこと、1つの細胞からの増殖が容易であることなどの利点があり、人気が高まっており、遺伝子増幅技術市場で提供されている製品の使用を促進し、有機的な収益を増大させることが期待されています。また、遺伝子増幅法やベクター工学の応用性の高さから、遺伝子増幅アッセイの需要が高まっています。さらに、遺伝性疾患、感染症、全身性疾患の診断に遺伝子増幅技術を用いることで、この分野の収益が増加すると予想されています。

技術的見通し

2020年は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)ベースの増幅法が、85.0%以上の最大シェアを占めました。これは、PCR技術が様々なエンドユースアプリケーションで広く使用されていることに起因しています。さらに、COVID-19の検出にPCRを大規模に適用したことで、この技術による収益が増加しました。しかし、PCR技術の使用に伴う技術的課題により、Loop-Mediated Isothermal Amplification(LAMP)やMultiple Displacement Amplification(多重置換増幅)などの代替技術の開発と使用が促進されています。現在進行中のパンデミックは、LAMP技術を分子診断に再利用しています。複数の企業がLAMP法の利点を活かしてCOVID-19検出検査を開発しています。栄研化学株式会社やHiberGene Diagnostics社などの企業は、LAMP技術を利用したSARS-CoV-2ウイルス検出用の新しい革新的な検査法を開発しました。例えば、2020年10月、研究者らはCOVID-19検出のために乾式試薬LAMPアッセイを使用することの実現可能性を評価しました。この研究では、この方法が高感度かつ特異的であることがわかり、LAMP法を用いたCOVID-19の検出により、低コスト環境でのPOC診断が可能になると報告されています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1036645-gene-amplification-technologies-market-size-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)