医療・医薬・福祉 交通・運輸・輸送

障害福祉×デザインで世界遺産登録をPR。想造楽工、是川縄文館とラッピングバスのコラボレーションが実現!

株式会社ニューモア
「北海道・北東北の縄文遺跡群」是川石器時代遺跡の世界遺産登録を記念した特別バスが市内を運行。

株式会社ニューモア(本社:東京都三鷹市 代表取締役:YORIKO(宮島 依子))が企画運営する、障害を持つ人々の絵を商業デザインに展開する事業「想造楽工(そうぞうがっこう)」。「北海道・北東北の縄文遺跡群」是川石器時代遺跡の世界遺産登録を記念し、八戸市営バスのラッピングデザインを八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館からの依頼により制作致しました。イラストレーションは八戸市の就労継続支援B型事業所あおばとコラボレーション。利用者32名と制作した絵を主役にデザインを考案致しました。 ラッピングバスは12月10日(金)より八戸市内各路線で運行開始。日本が世界に誇る縄文文化への更なる認知度・親しみ向上の一助となることを目指します。 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館公式WEBサイト:https://korekawa-jomon.jp 就労継続支援B型事業所あおばWEBサイト:https://fureai-aoba.com 想造楽工公式WEBサイト: https://sozogakko.com





■障害福祉×デザインの協働チーム「想造楽工」

「想造楽工」は、障害を持つ方々をイラストレーターとして迎え、彼ら/彼女らの絵を使用したデザイン制作事業を展開しています。2020年11月の立ち上げ以来、日本各地で企業や自治体とコラボレーションし、空間デザインやグラフィック制作を手掛けてきたほか、オリジナルプロダクトの制作・販売を行っています。



(商業施設の仮囲いペイント制作:八王子オクトーレ(東京都八王子市)


ラッピングバスが是川石器時代遺跡の世界遺産登録をPR


この度、想造楽工では青森県八戸市の埋蔵文化財センター「是川縄文館」からの依頼により、「北海道・北東北の縄文遺跡群」是川石器時代遺跡の世界遺産登録を記念し、市内で運行される八戸市営バスのラッピングデザインを担当致しました。
使用するイラストレーションは同八戸市にて、合同会社ふれ愛プラザあおばの運営する「就労継続支援B型事業所あおば」に依頼。是川縄文館の方にもご参加いただき、32名の利用者の方々と絵の制作の時間を設けました。
あおばの方々との制作は今回初めてでしたが、それぞれの感性を生かした楽しい縄文の絵が続々と仕上がりました。





その後、出来上がった絵を全面的に使用し、ラッピングバスのデザインを考案。
完成したバスは12月10日より、八戸市内各路線での運行を開始しました。




■デザインのポイント
八戸市内各所に掲示している是川石器時代遺跡の世界遺産登録を記念するバナーフラッグ類と、ビビットなピンクの色合いを合わせ、統一感を演出。
バスデザインは様々な世代の方からの親しみ向上を第一の目的とし、就労継続支援B型事業所あおばの利用者の方々による縄文遺跡群のイラストをメインに構成。賑やかで楽しいデザインへと仕上げました。





■是川縄文館学芸員・グループリーダー 小久保拓也さんのコメント
世界遺産・是川石器時代遺跡は、自然を巧みに利用し、共生した縄文文化を解明する上で重要な遺跡ですが、市民のみなさまにもっと親しんでもらうため、可愛らしいイラストを使ったバスラッピングを作りたいと思っていました。想造楽工の事業を知り、理念とアウトプットの質に共感し、是川縄文館として依頼を決めました。
あおばさんは、協働先を探したところ、多くの人からあがってきた施設でした。初めての試みなのでどうなるか緊張感はありましたが、結果素晴らしいイラスト・デザインが生み出され、とても嬉しく感じています。これで終わりでなく、ここから先も⾊々と一緒に展開していけたらと考えています。

■ふれ愛プラザあおばご担当者さまよりコメント
事業所に通われている利用者さんは、普段、絵を描くといった機会がほとんど無いため、今回のイラスト制作を通して新たな一面や可能性を感じることができ、とても貴重な体験をさせていただきました。
今回、このような機会を設けていただき、関係者の皆様には心より感謝申し上げます。
最初は不安や戸惑いの気持ちを口にしていた利用者さんでしたが、いざ取り組み始めると優しく丁寧なアドバイスに勇気をもらい、熱心にたくさんのイラストを描かれていたのがとても印象的でした。


障害福祉×デザインの協働チーム「想造楽工」

想造楽工は、「障害の壁を越え、持ち味を生かし『好きなことを仕事にする喜び』『他者と協働する楽しさ』を誰もが目指せる世の中をつくる」をミッションに、2020年に創業したブランドです。
福祉作業施設に通う障害を持つ方をイラストレーターとして迎え、慈善事業ではなく「ビジネス」としてデザイン事業を展開しています。
障害を持つ方々の絵の表現力の可能性を信じ、それぞれが持ち味を発揮し社会と対等に交わり働く環境をつくることを目標に活動しています。

想造楽工オンラインストア: https://www.sozogakko-store.com

■障害者福祉市場の課題に挑戦
一般企業で勤めることが困難な障害のある方が所属する、就労継続支援事業所の利用者の月間平均賃金はA型で78,975円、B型で16,369円で(令和元年度)となっており、障害のある方の所得の低さが課題のひとつとして挙げられます。
株式会社ニューモアではその課題解決の糸口として、障害のある方の「絵の才能」に着目。
絵にデザインを加え、完成度を高め商業に展開させることで、制作に対して正当な報酬を支払う「仕事」の創出を図ります。



想造楽工ではさまざまなコラボレーションを目指しています。
ご関心のある方は、お気軽に下記お問い合わせください。

■お問い合わせ先
【想造楽工】
公式サイト|https://sozogakko.com
公式Instagram|https://instagram.com/sozogakko_official
オンラインストア|https://sozogakko-store.com

【企画運営:株式会社ニューモア】
本社所在地|東京都三鷹市上連雀7-28-20
代表者|YORIKO(宮島依子)
WEBサイト|https://www.newmor.net
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)