美容・健康

【今年の疲れは今年のうちに】ボディメンテナンスの無料体験を開催!肩こり・腰痛を解消し、気持ちの良い新年へ

株式会社co-nect
肩こり・腰痛を根本原因から解消する「ボディメンテナンスサービス」の無料体験を開催

オンラインフィットネス「co-nect」(運営会社:株式会社co-nect、 東京都新宿区、代表取締役:中山友貴)は12/25(土)~12/31(金)の間、ボディメンテナンスサービスの無料体験を開催します。 肩こり・腰痛を持つ方は不安やうつ病を経験する可能性が高く、疲れが取れにくい身体となってしまいます。 これを受けて、co-nectでは多くの方が肩こり・腰痛を解消し、年末年始にしっかり疲れを取れるような活動を行います。



キャンペーン実施の背景

【肩こり・腰痛とメンタルの関係性について】
英国のアングリア・ラスキン大学の研究によると、腰痛を経験した人は、不安・うつ病・精神病・ストレス・睡眠不足の5つの精神的健康状態の1つを経験する可能性が2倍以上高いことを示しました。
さらに、慢性腰痛のある人は、うつ病エピソードを経験する可能性が3倍高く、精神病を経験する可能性が2.6倍高いことを示しました。(注1)
注1:https://www.medicalnewstoday.com/articles/314493#Back-pain-and-mental-health

肩こりがうつ病や不安に影響するデータもあります。
2019年に発行されたInternationalJournal of Preventive Medicineに掲載された記事では、五十肩である120人の患者を調べたところ77%の人がうつ病を、27%の人が不安を感じているという研究結果が出ました。(注2)
注2:https://www.w27imaging.co.uk/frozen-shoulder-caused-stress/

ストレスにより、肩こりや腰痛が悪化することもあります。
ストレスや不安を感じると、体の中で化学的および物理的な反応が起こり、危害から身を守ろうとします。それによりコルチゾールとアドレナリンが放出され、筋肉が引き締められます。この症状は、首・肩・脊椎の下に良く現れます。これらの部分の緊張が長引くと、肩こりや腰痛につながる可能性があります。(注3)
注3:https://ioaregenerative.com/blog/can-stress-cause-lower-back-pain


【年始は身体を痛めやすい時期】
年末年始は家でゆっくり過ごす方が多いと思われます。
その際に、頬杖をついて本を読んだり、寝ながらテレビを見ることが多くなると思います。
これらの姿勢は肩こりや腰痛を悪化させる原因となります。
結果的に、メンタルにまで影響が及ぼされ、疲れが取れず、ダラダラと仕事が始めることになってしまいます。

また、年始に限らず、テレワークで同じ姿勢が長時間続くデスクワーカーは特に身体を痛めやすいので、すでにメンタル悪化に繋がっているケースも少なくはありません。

これらのことから、co-nectは新年の前に多くの方が肩こり・腰痛を改善し、気持ちよく新年を迎えられるよう、ボディメンテナンスサービスの無料体験を開催します。

なぜボディメンテナンスサービスで肩こり・腰痛が改善できるのか

人間には【ホメオスタシス】という「今の状態を維持しようとする力」があります。
これにより、整体などでマッサージをして痛みを取り除いても、すぐに元の状態に戻ってしまいます。
痛みが再発しない身体を作るためには、ストレッチやトレーニングを習慣化し、身体に正しい姿勢を覚えさせることで、【ホメオスタシス】を乗り越える必要があります。

ボディメンテナンスサービスで取り入れいてる【オールインワンアプローチ】ではもみほぐし・ストレッチ・トレーニングをお客様の身体の状況に応じて適切な配分で組み合わせることで、痛みの根本原因から解消することができます。

また、co-nectのボディメンテナンスサービスは下記のように、大変高い評価をいただいています。
・お客様満足度:92%
・トレーナーに対する満足度:95%
・知人にも勧めたいお客様の割合:88%

キャンペーン詳細

■概要
co-nectの「ボディメンテナンスサービス」の初回体験を通常税込6,578円のところ、無料で受けられるサービスを実施します。

■期間
期間 2021年12月25日(土) ~ 2021年12月31日(金)

■予約方法
こちらのURL、またはQRコードよりコネクトのLINEを追加し、トーク画面にて「体験を予約する」とメッセージをお送りください。

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)