美容・健康 ネットサービス・アプリ

大阪府阪南市のスマートヘルスシティ実現に向けた取り組みに参加~AI健康アプリ「カロママ プラス」を活用した2型糖尿病患者向けサポートプログラムを提供~

株式会社リンクアンドコミュニケーション
ICT及びPHRを活用した、「デジタル×リアル」の新しいヘルスケアサービスについて検証

株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 敏成、以下 当社)は、大阪府阪南市のスマートヘルスシティ実現に向けた取り組みに参加します。当社のAI健康アドバイスアプリ「カロママ プラス」の活用で、糖尿病の重症化予防に向けた課題解決を目指すとともに、ICT及びPHR※1を活用した新しいヘルスケアサービスの検証を行います。 ※1)PHR(Personal Health Record):パーソナルヘルスレコードの略称。個人の健康・医療・介護に関する情報のこと。


■背景
大阪府と企業、シビックテック、府内43市町村等で構成する「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」では、市町村が抱える地域・社会課題解決に向け、7つの分野において、企業がプロジェクトコーディネーターとなり、実証・実装に向けた取り組みが進められています。
このたび「スマートヘルスシティ」のコーディネーター企業である有限責任監査法人トーマツ(本社:東京都千代田区、包括代表:國井泰成)が取り組む、阪南市を実証フィールドにしたICT及びPHRを活用した新しいヘルスケアサービスについての検証に、当社も参加することとなりました。

■当社が関与する実証実験の詳細
当社と、在宅食事療養サポートサービスを提供する株式会社はーと&はあとライフサポート(本社:京都市南区、代表:宮崎吉昭)が協力し、2型糖尿病サポートプログラムを行います。

<デジタル×リアルのサービス提供>
阪南市住民または市内勤務の2型糖尿病患者を対象に、食事や運動、睡眠等のPHRを登録するだけでアドバイスがもらえる当社のAI健康アドバイスアプリ「カロママ プラス」を活用し、生活習慣の改善を促します。また、オンラインでの栄養士との面談及びチャット支援の実施や、血糖値の管理が必要な2型糖尿病患者向けにきめ細かな栄養基準を設定したヘルシー弁当を提供するなど、デジタルサービスだけではない、スマートヘルスシティの実装を見据えた「デジタル×リアル」のサービスを提供します。


<よりパーソナライズ化された行動変容を促す施策の実施>
働く世代の市民一人一人のPHR等に基づき、1.運動できそうなタイミング、2.性格に合わせた推奨文言、3.最適な運動内容を分析し、この3つのパーソナライズ化された提案により、健康増進への行動変容を促す「カロママ プラス」の新たな機能の効果を検証します。


■当社の今後の展望
PHRにもとづいたパーソナルなアドバイスを配信する機能をより強化し、効果的に健康行動を促すサービスを展開します。これにより、スマートシティに限らず、個人や企業従業員の健康課題を解決するサービスの普及を目指します。

■株式会社リンクアンドコミュニケーションの概要
リンクアンドコミュニケーションは、「社会の健康課題を解決し、世界の誰もが自然に健康になる世界を創る」をミッションとし、ICT×専門家ネットワークで「専門家がもっと身近にいて健康をサポートするシステムの構築」を目指しているヘルステック企業です。全国で約1万人の管理栄養士・栄養士のネットワークをもとに、食と健康、栄養分野のリーディングカンパニーとして、健康アドバイス事業、健康情報の発信事業に取り組んでいます。

所在地 : 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル5階
設立 : 2002年7月25日
資本金 : 9億3995万円
代表者 : 代表取締役社長 渡辺 敏成
URL : https://www.linkncom.co.jp/
<提供サービス>
・企業・健保・自治体・スポーツクラブ向け健康アドバイスアプリ「カロママ プラス」
・一般向け健康アドバイスアプリ「カロママ」
・健康医療ニュースを専門家が解説するレビューサイト「HEALTH NUDGE」
http://healthnudge.jp
・管理栄養士・栄養士向けのポータルサイト「かわるPro」
http://kawaru.biz/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)