ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

医師が発信できる新たな手術動画プラットフォーム”Upstream” を株式会社スマートホスピタル(旧HCMJ)がリリース

HCMJ
アフターコロナの医師の手術教育もデジタル化にシフトの波

病院専用スマートチェックイン「MONITARO」運営の株式会社スマートホスピタル(旧:HCMJ 本社:東京都千代田区、代表取締役:小島孝二 :https://www.upstream.surgery)が、医師が投稿できる医療動画サイト”Upstream”(アップストリーム)をリリース。






コロナ以降外科医の手術の学びも変化している。これまで病院の上司の手術を見て学ぶ時代から、スマホで、手軽に手術を学べる時代が到来した。動画といえばYou-tubeが人気を博しているが、日本では医療動画はあまり投稿されていないのが実情だ。一般人が視聴するYou-tubeには専門的な手術動画を医師は投稿したがらないのが大きな理由、更に患者の個人情報の問題があるからだ。
そこで、手術のナレッジを国内外で共有しあえる仕組みを作るべく、株式会社スマートホスピタルが、医療関係者に限定した医療動画サイト"Upstream"https://www.upstream.surgery/(ベータ版)を新たにリリースした。

腹腔鏡下手術やロボット手術の名医も投稿

Upstreamにはデモ版にも関わらず、既に日本屈指の外科医が動画を共有していることで今医療業界で注目を集めている。リリース前にもかかわらず既に会員数も1000名を超えているという。




日本内視鏡外科学会(JSES)とのタイアップイベントを開催

日本の癌手術の最先端の学会である日本内視鏡外科学会(JSES)がある。Upstreamは日本内視鏡外科学会(JSES)で今回サービスローンチのタイアップイベントをJSESオンデマンドセミナーで開催。学会の名誉理事長である渡邊昌彦先生からも「今後の外科教育の在り方を変える可能性があるプラットフォーム」というコメントもあるだけに、日本国内だけでなく、日本の手術レベルの価値を世界に発信することが期待されている。現在、胃がん、食道がん、肺がん、大腸がん、子宮がん、前立腺がんといった領域の日本屈指の名医がUpstreamサイト内において最新の手術動画を共有している。医師であれば誰でも無料で会員登録でき視聴と投稿ができる。
Upstream"https://www.upstream.surgery/(ベータ版







株式会社スマートホスピタルについて

会社名:株式会社スマートホスピタル *2021/12に登記申請 
(旧ホスピタルコンプライアンスマネージメントジャパン株式会社)
・基幹病院向けに感染管理スマートチェックインシステム「MONITARO」を提供

代表者:小島孝二/Koji Kojima
設立:2019年4月
所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2 -8- 20トラストワン6F
URL:https://hcmj.co.jp


ユニコーン企業1000社輩出を目指すG-STARTUPに選定





株式会社スマートホスピタル(旧HCMJ株式会社)がアクセラレータープログラムG-STARTUPに参加。株式会社グロービスが運営するユニコーン企業1000社輩出を目指すアクセラレーションプログラム「G-STARTUP」のMain Trackに第2期採択企業として選出されております。成功を収めた起業家や投資家とのネットワーキングをはじめとしたG-STARTUPが提供する支援インフラを活用し、事業成長をさらに加速させていきます。
https://g-startup.jp/

Forbes2022年1月号 日本を代表するベンチャー200社に選定

2022年1月号のForbesで、弊社が日本を代表するベンチャー企業200社に選定されました。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)