食品・飲料 美容・健康

コオロギフードテック『INNOCECT』を展開するODD FUTUREが、内閣府運営『地方創生SDGs官民連携プラットフォーム』に参画

株式会社ODD FUTURE
代替タンパク食品の提供を通じて、持続可能な社会の実現と地方創生に貢献

コオロギ食品ブランド『INNOCECT』を展開する、株式会社ODD FUTURE(本社:東京都新宿区 代表取締役:長田竜介)は、「SDGs(持続可能な開発のための目標)」の取り組みを推進するため、内閣府が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画いたしました。今後も持続可能な食品提供を通じて、地方創生やSDGsに貢献して参ります。






参画背景

「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」は、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、内閣府によって設置されました。

ODD FUTUREは創業以来、持続可能な代替タンパク 食用コオロギを用いた、代替タンパク食品ブランドを提供して参りました。
この度、自治体・企業・ステークホルダーとのパートナーシップを深め、SDGs促進に寄与すべく、内閣府によって設置された「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画しました。


ODD FUTUREがSDGsに寄与する取り組み:

目標2:飢餓をゼロに
タンパク質危機・食料ロス問題に対し、代替タンパク食品の提供により、解決を目指します。

目標12:つくる責任 つかう責任
養殖/原料生産/製造販売による、サーキュラエコノミーを実現し、持続可能な消費と生産を構築します。

目標13:気候変動に具体的な対策を
人口増・環境問題に対し、環境負荷が低いコオロギ養殖により、栄養価の高い動物性タンパク食品を提供します。






地方創生SDGs官民連携プラットフォームについて

地方創生SDGs官民連携プラットフォームは、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、内閣府によって発足されました。地方自治体だけでなく民間企業やNGO・NPO等の団体、大学・研究機関等の広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、地方創生SDGs官民連携プラットフォームが設置されています。
地方創生SDGs官民連携プラットフォーム: https://future-city.go.jp/platform/

INNOCECTについて




INNOCECTは持続可能な食の未来を創り出す選択肢として、コオロギを用いた日本発の代替タンパク質製品を提供する、フードテックブランドです。

instagram:https://www.instagram.com/innocect_jp/
公式LINEアカウント:https://lin.ee/xDdHHJZ
Twitter:https://twitter.com/1NNOCECT
Facebook:https://www.facebook.com/Innocect

【商品ラインナップ】2021年12月時点
・クリケットプロテイン チョコレート
・クリケットプロテインバー チョコレート/抹茶
・クリケットコーヒー
・ナチュラルクリケットパウダー


株式会社ODD FUTURE



VISION:ニューノーマルカンパニーであり続ける
MISSION:未来の当たり前を創る
VALUE:サステナブルな食の選択肢を増やす

弊社は、持続可能な食の未来を創り出す選択肢として、高栄養価で環境負荷の低いクリケット(和名:コオロギ)を用いた日本発の代替タンパク食品を、提供しております。

高栄養価でサステナブルなコオロギの力で「人も地球も健康にする」ことが、この事業のミッションです。
コオロギ食品が当たり前になることで、誰もが健康に暮らしながら、人類共通の社会課題も解決していくサステナブルな未来を、一見変わった(ODDな)方法で実現します。

採用情報はこちら:https://www.wantedly.com/companies/company_8497347
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)