美容・健康 ホテル・レジャー

流行の街「渋谷」で、ファスティングに関する調査を実施。なぜ、今、ファスティングが注目されるのか?(前編)

株式会社ルーティングシステムズ
企業の最新情報や、ユーザーへのインタビューなどを通して、トレンドを追跡するプロジェクト『トレンドラボラトリー』(株式会社ルーティングシステムズ内)は、流行の街「渋谷」で、2021年12月、10代~50代の女性を対象に、ファスティングに関する街頭調査を実施しました。今回、調査の一部をまとめましたので、前編として発表いたします。


Q. ファスティングを知っていますか?興味がありますか?
調査対象の9割以上が、ファスティングを知っていた。
改めて、今、ファスティングが流行っていることを感じてしまった。

では、興味があるかどうかを聞いてみた。
なんと、興味があると、9割上の方が回答をした。

<ファスティングとは>
ファスティング(断食)は、一定の期間、全ての食物もしくは特定の食べ物の摂取を断つことです。
ファスティングは宗教上の行事として行われることもありますが、近年では健康促進、ダイエット、エイジングケア、美容などの目的で行われるファスティングが脚光を浴びています。
ファスティングには色々な方法があり、1日のうち1~2食を抜く簡単なものから、数日の間、固形の食べ物を全く摂らないものまで様々なやり方があります。
健康促進や美容のために行われるファスティングでは、一定の期間、食事を摂らず、水、お茶、酵素ドリンクや酵素ペーストを飲んで過ごし、常日頃働いている消化器官を休め、調子をよくすることができます。

Q. なぜ、ファスティングに興味があるのか?
・美しい体系を維持したいから。
・健康に気をつけているから。
・周りで、ファスティングをしている人が増えているから。
・これまでに、体験したことがないから。
など、回答する人が多かったです。


<ファスティング(酵素断食) の効果・メリット>
ファスティングをすることのメリットとして次のことが挙げられます。
1.消化に関わる臓器を休めてカラダをリフレッシュ
2.腸内環境にうれしい影響力
3.排泄機能を高め、老廃物の排出を促進される結果、体の内側からスッキリ
4.新陳代謝が活発になり、お肌にうれしい影響
5.食生活の改善
6.味覚がリセットされ、薄味でも満足するなど食の好みが変わる。
7.消化にエネルギーを使わなくてすむため体をしっかり休められ、質の良い睡眠で朝スッキリ
8.脳のリフレッシュ
9.ダイエット


<ファスティングと断食の違いとは?>
ファスティング(Fasting)」は「断食」を英語に訳したものです。
言い方の違いだけで、それぞれの方法や内容に違いはありません。

近年、健康や美容のためのファスティングが注目されています。
色々な断食方法が紹介されており、「断食」は水や食事を一切とらずに長時間の絶食を伴う厳しい方法で、
「ファスティング」は水などの水分や一部の食事が可能な断食よりも手軽にできるものだと思われることも
ありますが、一般的には「ファスティング」も「断食」もどちらも同じ意味です。

ファスティング(断食)は、目的や方法によって、「酵素ファスティング」、「プチ断食」や「ファスティングダイエット」など色々な方法や呼び方で紹介されているので、混乱されやすいかもしれない。


Q. ファスティングを行うとしたら、「自宅」 or 「施設」
この問いに関して、「施設」の方が、「自宅」よりも回答が多かった。
「自宅」の良いところは、「手軽にできそう、体験できそう」であった。
しかし、これまでにファスティングをしたことがない方々は、「施設」を選ぶ傾向が強かった。
初めて行う際、「ファスティングのプロが近くで付き添ってくれるので安心。かつ準備もいらないので良い」と思い、「施設」を選んだ方が多かった。


ファスティングを外で体験できる、トレンドラボがお勧めする施設は、「ファスティングホテル 小谷流の森」
11月に調査員が調査のため体験しましたが、ゆったりとした癒しの環境の中、ファスティングに取り組むことができ、有意義な時間を堪能することができ、自宅では味わうことができないプレミアムで特別な時間となりました。



今回、ファスティングに関する調査発表の前編となります。
2022年1月には、改めて、ファスティングに関する調査発表の後編をお届け予定です。

トレンドラボでは、ファスティングで多くの方が健康になることを願っています。

「健康があってこその人生」

だからこそ、トレンドラボでは、ファスティングについて、より多くの人に知ってほしいと考え、ファスティングの情報を発信いたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)