美容・健康

自宅でもリーズナブルにソロサウナができる"IESAUNA"が、「千葉市アクセラレーションプログラム(C-CAP)第2期」に採択され、事業推進を加速。

株式会社Vanwaves
「サウナ」がある"働き方"を通して、心身のパフォーマンスを高める事業を推進していきます。

株式会社Vanwaves(よみ:ヴァンウェイブス 本社:千葉市美浜区 代表:深田 渚央、以下当社)は、千葉市を代表する次世代企業の創出を目的とした、「千葉市アクセラレーションプログラム(C-CAP)第2期」に採択されたことをご報告いたします。


■千葉市アクセラレーションプログラム(C-CAP:Chiba City Acceleration Program)について
当社は、5か月間の伴走支援型プログラムに参画し、個別メンタリングによるコンサルティングや業界知見を
持つ支援家による講座など、短期間に集中した支援賜りながら、事業推進に向けて尽力して参ります。




<記者発表資料>
https://prtimes.jp/a/?f=d80106-20211213-5adaf533009b622b69a540695eb280c4.pdf

■サウナで事業成長を
新型コロナウィルスにより働き方は大きく変化し、テレワークが一気に定着しました。いまでは多くの企業でテレワークを導入していますが、一方でなかなか解決できない課題も存在していて、自宅の仕事環境を整えたりしてテレワークに慣れても、依然多くのテレワーカーが気持ちの“オンとオフの切り替え”に悩みを抱えています。

では、どうすればメリハリのあるスイッチができるのか。私たちは、意識を切り替えるための「間」づくりに、サウナを活用することができるのではないかと考えています。
空前のブームによって、効能のアプローチも多様化しているサウナですが、サウナでは、強制的にデジタル機器から遮断される場所であり自分と見つめ合う時間をつくれるので、集中力が極限まで高められます。
"適度な刺激"と"筋肉の弛緩"の流れは「集中」をつくり、テレワークで煮詰まった脳をリチャージしてくれます。

私たちは、サウナを起点とした働きがいある環境づくりで、働く人が、"自分らしくととのう世界"を創りたいと考えており、サウナが、ビジネスマンにとって「仕事のオン×オフを切替する」ツールとなって、パフォーマンス向上のパートナーになる未来を目指していきます。

■開発中の"IESAUNA"について
サウナブームの加速、そして新型コロナウイルスによる入場規制も相まって、サウナ施設の混雑度は増加の一途を辿っており、リラックスして過ごせる環境が減ってきています。
そこで、サウナをもっと身近に、特別な日のためのものではなく、日常的に体験できるようにしたいと考え、当社は、家で簡単にできる本格サウナ「IESAUNA」の開発を開始致しました。




■今後の展望
サウナ施設へ「行く」時代から、サウナが「家にある」時代へと変わります。
自分だけの贅沢な時間を気軽に体験でき、時間と場所の制限からは解放されます。
"パーソナル空間で清潔に汗をかけるサウナ"は、もう間もなく完成致します。
クラウドファンディングでの先行販売を予定しておりますが、正式発表まで今しばらくお待ちください。
本アクセラレーションプログラムを通して、こだわりのサウナプロダクトをブラッシュアップするとともに、サウナのあるライフスタイル“IESAUNA”という暮らし方を創造してまいります。

一日のはじまりに、終わりに、あなただけのサウナを。


<Instagram>
https://www.instagram.com/iesauna/?hl=ja
<LINE>
https://liff.line.me/1645278921-kWRPP32q/?accountId=741fidrs
<Facebook>
https://www.facebook.com/iesauna
<Twitter>
https://mobile.twitter.com/iesauna?s=11

【企業概要】
会社名:株式会社Vanwaves(株式会社ヴァンウェイブス)
代表者:代表取締役 深田 渚央
所在地:千葉市美浜区高洲1-4-7-202
設 立:2020年3月
資本金:300万円
事 業:「Vanlifeカー」のレンタル、テントサウナの販売
URL:https://www.vanwaves.com/



”一人一人が人生のドライバーになる“をビジョンに、「自由さ」と「自分らしさ」を人生に織りこんでいく、感動体験を創っています。"

■お問い合わせ
株式会社Vanwaves
広報担当:深田
0325@vanwaves.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)