自動車・バイク 医療・医薬・福祉

埼玉県「こま武蔵台団地」で免許不要のモビリティ体験「パーソナルモビリティ展示試乗会」にWHILLが出展

WHILL株式会社
2人に1人以上が高齢者の「こま武蔵台団地」で免許不要のモビリティ試乗イベント将来の移動に不安を感じる方に、車に続く新しい移動手段の提案

WHILL株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:杉江理、以下「WHILL社」)は、NPO法人げんきネット武蔵台が2021年12月19日(日)にこま武蔵台ショッピングセンターで開催した「パーソナルモビリティ展示試乗会」に出展し、近距離モビリティWHILLの体験試乗を行いました。




■「パーソナルモビリティ展示試乗会」実施背景
2021年9月に発表された総務省の統計トピックスNo.129(注1)によると、日本の総人口に占める高齢者の割合は29.1%で過去最高となっている一方、こま武蔵台団地のある武蔵台一丁目では、人口に占める高齢者の割合は50.7%で、日本全体と比べても高齢化が深刻な問題となっています。
こま武蔵台のそのような状況においてこま武蔵台ショッピングセンターではこれまでも地域の活性化に向けた取り組みとして、地元商店などの協力の元、食品や花、小物類が販売される「ふれあいマルシェ」や、小型の乗合制の電動モビリティ「グリーンスローモビリティ」実証実験などを行っておりました。
この度、山に囲まれた土地柄、住民の多くが所有している車について、高齢になり運転が困難となる住民たちを中心に車に代わる移動手段が必要とされていた中で、新しい移動手段の提案としてWHILLをはじめとする電動のパーソナルモビリティの試乗会を行う運びとなりました。

注1:総務省統計局 統計トピックスNo.129 「統計から見た我が国の高齢者」
https://www.stat.go.jp/data/topics/topi1290.html


■「パーソナルモビリティ展示試乗会」実施内容
2021年12月19日(日)に、こま武蔵台団地ショッピングセンターの屋外スペースにてWHILLの体験試乗を行いました。
高齢夫婦の方や高齢者のいる家族など周辺住民が集まり、初めて目にする近距離モビリティに興味をもって頂き、代わる代わる大勢の方にWHILLをご試乗いただきました。
試乗会でWHILLに初めて乗車した方からは「坂道が多い街で、徒歩移動が大変だけど、移動の幅が広がりそうで嬉しい」「お買い物の後の荷物を積んで動けるのも嬉しい」
「坂道が多い地域で瞬時に自然なブレーキが利く安心感を感じた」と、生活エリアの多くが坂道を占める、こま武蔵台団地の皆様には非常に好評で、試乗後には、近くにいる方に試乗を勧める姿も見られました。










■NPO法人げんきネット武蔵台 代表理事 柳沢様コメント
今回の試乗会では、来場いただいた地域住民が「車に代わる交通」に関心があることを強く感じました。高齢化に伴い、自家用車での移動から、バスや徒歩に移動手段を変える住民が多い中で、相乗りの交通網だけでなく、自分のペースで、行きたい場所へのピンポイントな移動を楽にする近距離モビリティには需要があり、我々としても地域住民が利用しやすいようなシェアリングサービスもぜひ導入したいと考えています。住環境としてこま武蔵台団地建設当時にはバリアフリーの配慮がされておらず、近距離モビリティが活躍できる街づくりも同時に進める必要を感じました。

■WHILL試乗担当者コメント
今回の試乗会で多くの方に乗っていただきました。こま武蔵台のエリアは坂道が多い街で自家用車が必須の環境ですが、1年後には、3年後には移動手段を車から変えなければと考えている方も多く、能動的に乗ってくださる方、興味を持ってくださる方が多い印象でした。初めて乗った方が坂を上る力に感動して、一緒に来ている近所の方に試乗を勧める姿も印象的でした。


WHILL社は今後も、免許を返納された、検討している方、長距離の歩行や体力に不安を抱える方、疲れやすい方などすべての人に、近距離移動のサービスを提供してまいります。


■WHILL Model C2について
WHILL Model C2は高いデザイン性と、5cmの段差乗り越え、回転半径76cmの小回り能力、リアサスペンションを採用した滑らかな乗り心地などを特長とした近距離用のモビリティです。
製品について:https://whill.inc/jp/model-c2


<WHILL社について>
WHILL社は、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションとして、世界中で、近距離移動のプラットフォームを作っていきます。2012年5月に日本で創業し、2013年4月に米国、2018年8月にオランダ、2019年12月には中国に拠点を設立しました。パーソナルモビリティとMaaSの二つを事業の柱とし、パーソナルモビリティ事業では、デザインとテクノロジーの力を生かした、近距離用のモビリティとして、WHILL Model FとWHILL Model C2などの製品群を、20以上の国と地域で販売しています。またMaaS事業においては、障害の有無や年齢に関わらず、だれもが楽しく安全に乗れる一人乗りのモビリティによる移動サービス・システムの提供により、既存の交通機関を降りてから目的地までの「ラストワンマイル」の移動の最適化を行います。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)