出版・アート・カルチャー 美容・健康

身近でエクササイズに最適な場所、それはお風呂! NHKテキスト『まる得マガジン あったかリラックス お風呂でゆったりトレ』、12月25日(土)にNHK出版より発売。

株式会社NHK出版
水中エクササイズの第一人者が伝授する、お風呂でのおすすめ簡単エクササイズいろいろ。週に2~3回、たったの5~10分。お手軽なのに効果大! お風呂タイムをご自分のために生かしてみませんか。

浮力や水圧、水の抵抗など、お湯の中ならではのメリットを最大限に活用した「風呂トレ」。 入浴ついでに腕を揺らしたり足を揺らしたりするだけでも、効果の大きい運動になります。あたたかいお湯の中でリラックスしながら気軽に行えるのも、魅力です。長い人生、手軽に日常的に、不調改善&健康キープをしていきたいもの。そんな願いに叶うお風呂エクササイズを多数ご紹介します。 お風呂タイムをシャワーのみで済ましているなんて、もったいない! そう思えてくること請け合いの一冊です。お風呂の湯気が恋しくなる季節、今こそ始めましょう!






浮力が味方になってくれるので、楽ちんなのに効果あり!


「足で振り子」(腰・股関節トレ)より


陸上では関節の曲げ伸ばしがつらい人も、水中の浮力を利用すれば、痛みなくトレーニングができます。また、あたたかい湯船の中でこわばった筋肉がほぐされ、いろいろな筋肉を効率的に刺激できます。


日常に自然に取り入れられるのが、うれしい



「けのびポーズ」(発汗トレ)より
お風呂タイムを使うので、習慣として続けやすいのも特徴。続けていくうちに、慢性的な疲労や腰痛、肩こり、ひざの痛み、加齢や運動不足による筋力や柔軟性の低下、体のゆがみ(左右差)などの解消にもつながっていきます。
思い立ったらすぐできて、週2~3回でOK(もちろん毎日でもOK!)。1回につき、ウォーミングアップのほか1~2種類。そんなハードルの低さもおすすめポイント。お湯の中ではリラックスしながら行えるので、いかにもな筋トレが苦手な方にもぴったりです。


特別な道具も、ハードな筋トレも不要!



「カヌー」(体幹トレ)より
腕をグーンと上に伸ばしたり、ひじから先を動かしたり、足を左右に振ったり。部位別にさまざまなトレーニングをご紹介していますが、水の抵抗などを上手に使いながら、いずれも手軽にエクササイズができます。
水中ではそれなりの負荷がかかるので、長時間行うのはNG。あたたかいお風呂で気軽にさくさくとできるエクササイズばかりです。浴槽サイズは問いません。おうちでできる範囲で、臨機応変に手足を曲げながら行えばOK。それでも何もしないよりは心身へのプラスの働きかけができます。時には温泉など広いところで行うのも、楽しいですよね。


お風呂の時間は体を清潔にするだけでなく、体を健康な状態に整える絶好の機会。
体にやさしい環境とお湯のあたたかさからもたらされるリラクゼーション効果を利用したお風呂でのゆったりトレーニングをおすすめします。
メンテナンスや老化対策への最初の一歩に。日々の習慣に。
ぜひ、風呂トレにチャレンジを!


講師紹介

須藤 明治
体育学修士・医学博士。国士舘大学体育学部教授。ドイツ・フライブルク大学医学部温泉療法研究室に留学(2015年)。日本における水中運動(アクア・エクササイズ)の第一人者として東京や沖縄県久米島のバーデプールおよびアクア・エクササイズのプログラム監修など、多方面で活躍。


主な内容

ウォーミングアップ ~手ぶらぶら/足ぶらぶら
発汗トレ ~けのびポーズ/腕上げぐるぐる
 ~肩ぐるぐる回し/両腕パタパタ/腕輪っかのぞき/手で振り子/合掌ストレッチ ほか
 ~ボートこぎ/アームカール/腕前ぐるぐる
腰・股関節 ~腰ひねり/クロスストレッチ/足で振り子/足ぐるぐる/足ばさみ/スキーターン
ひざ ~レッグカール/もも前伸ばし/もも裏のばし
体幹 ~カヌー/手のひらこぎ/ゆらゆらクロス

*冬場は、ヒートショックに十分注意して入浴してください。


商品情報



出版社:NHK出版
発売日:12月25日
定価:660円(本体600円)
判型:B5
ページ数:72ページ
ISBN:978-4-14-827312-0
URL:Amazon→https://www.amazon.co.jp//dp/4148273126
楽天ブックス→https://books.rakuten.co.jp/rb/16960817
honto→https://honto.jp/netstore/pd-book_31338373.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)