医療・医薬・福祉 その他

株式会社ARCALISのmRNA医薬品・ワクチン原薬製造工場建築計画が、経済産業省補助金に採択

株式会社ARCALIS
当社が福島県南相馬市に建設予定であるmRNA医薬品・ワクチン原薬製造工場の建設計画が、自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(第六次公募)に採択されました。


 この度、「自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(第六次公募)」に株式会社ARCALIS(アルカリス)(代表取締役社長:藤澤朋行/以下、ARCALIS)が福島県南相馬市に建設予定であるmRNA医薬品・ワクチン原薬製造工場の建設計画が、採択されました。

https://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/2021/s211214001.html

 今回の補助金事業の目的は「被災者の働く場を確保し、今後の自立・帰還を加速させるため、福島県の避難指示区域等を対象に、工場等の新増設を行う企業を支援し、雇用の創出及び産業集積を図ることに加えて、住民の帰還や産業の立地を促進するため、商業回復を進める。」と定義されています。

当社が南相馬市に建設するmRNA医薬品製造工場では、現行の医薬品適正製造基準(以下、cGMP)を満たした最先端の製造管理、品質管理システムを備え、日米欧を中心とした全世界を対象にmRNAワクチン、治療薬の受託製造事業を行う予定であり、第一ステップとして、2023年中には原薬工場を稼働開始する予定です。

本プロジェクトは、医薬品工場関連事業者の福島地域への進出を促す役割や、地元住民の雇用と育成を通じて、浜通り地域へ医療産業集積の基盤を創る役割が期待されております。また、パンデミック感染症発生時の継続的な新型コロナウイルス変異株への対応や他のウイルス感染症ワクチン供給への迅速な対応、そして現時点で供給拠点のないmRNAワクチンの国内調達が当社工場によって可能となり、安全保障問題の解決に大きく貢献していくことを目指します。

今回の採択によって、ARCALISは本プロジェクトの進行をより加速させ、一日でも早く日本初のmRNAワクチン・医薬品工場を稼働させて人々の健康に貢献していきたいと考えております。
 
 ARCALISは、高品質なmRNA医薬品・ワクチンを安定的に供給する確固たる技術基盤を日本で確立し、先進国だけでなく途上国との技術協力を推進することで、全世界の人々の健康への貢献を目指します。


       
                 <ARCALISが直接貢献を目指す目標>

3.お問い合わせ先
株式会社ARCALIS
〒277-0871
千葉県柏市若柴226番地39中央144街区15
問い合わせフォーム:https://corp.arcalis.co.jp/#contactよりお問い合わせください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)