広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

世界の出生前検査と新生児スクリーニング業界の市場調査2030年

Kenneth Research
Kenneth Researchは、世界の出生前検査と新生児スクリーニング市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年12月 20日 に発刊しました。これは、世界の出生前検査と新生児スクリーニング市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151895


世界の出生前検査と新生児スクリーニング市場は、2022年に55憶米ドルの市場価値から2030年末までに114憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に11%のCAGRで拡大すると予測されます。

世界中で先天性欠損症の有病率が上昇しているため、乳児死亡率が大幅に上昇しています。CDCの統計によると、2018年の米国の乳児死亡率は、1000人の出生あたり約6人の死亡であると記録されています。さらに、先天性欠損症のために、世界中で毎年3万ルピー以上の新生児が亡くなっています。これらの統計は、先天性欠損症の可能性を減らして、出生前および新生児の遺伝子検査手順の開発と使用を増やす可能性のある潜在的な治療および検査ソリューションの必要性を高めています。

出生前および新生児の遺伝子検査手順における革新的な技術的進歩

技術の進歩は、今日、ほとんどすべての業界で製品開発の中心となっています。乳児の遺伝子検査ビジネススペースも例外ではありません。出生前検査の導入により、北米地域における染色体異常、異数性、単一遺伝子障害の検出のための非侵襲的出生前検査などの新しい検査技術の採用率が大幅に増加しました。

新興経済国全体での親密な関係の拡大

中東およびアジア地域の新興経済国における血縁関係の増加は、出生前および新生児の遺伝子検査市場の成長機会を促進すると予想されます。これらの関係は、一般的に欠陥や染色体異常のある乳児の出産の原因です。

スクリーニング技術の注目度の高まり

世界の出生前および新生児の遺伝子検査市場全体のスクリーニング技術セグメントは、2017年に業界全体で最大のシェアを獲得しました。これは、出産中の妊婦のスクリーニング手順の数が増えていることに起因する可能性があります。さらに、先天性欠損症に関する家族の意識の高まり、および遺伝性疾患の早期発見により、今後数年間で業界の見通しが高まることが予想されます。

世界保健機関の統計によると、2017年の世界の一人当たりの医療費は1,064.741米ドルでした。1人あたりの世界的な医療費は2008年の864.313米ドルから2018年には1,110.841米ドルに増加しました。米国は、2018年に1人あたり10,623.85米ドルの医療費に達したトップの国でした。米国の国内一般政府医療費は、2008年には3515.82米ドルでしたが、2018年には5355.79米ドルに増加しました。これらは、過去数年間の市場成長の原因となるいくつかの要因です。さらに、メディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)の予測によると、米国の国民医療費(NHE)に関連する推定平均年間変化率は2019年(4.5%)と比較して2020年には5.2%でした。さらに、国民医療費は2028年に6,1925.00 億米ドルに達すると予測されており、1人当たりの支出は同じ年に17,611米ドルに達すると推定されています。これらは、今後数年間で有利なビジネスチャンスを生み出すと予想される注目すべき要因です。

世界の出生前検査と新生児スクリーニング市場におけるキープレイヤー

Baebies

Progenity

Ravgen

Strand life sciences

Eurofins scientific

PerkinElmer

Progenity

Laboratory Corporation of America Holdings (Sequenom)

Natera

Invitae

Centogene

Cradle Genomics

Roche Diagnostics

Quest Diagnostics

このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。


[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/prenatal-testing-and-newborn-screening-industry-market/10151895

世界の出生前検査と新生児スクリーニング市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)


世界の出生前検査と新生児スクリーニング市場のセグメンテーション洞察

レポートは、技術別(スクリーニング{絨毛膜絨毛サンプリング、母体血清スクリーニング、羊水穿刺、非侵襲的出生前検査}、診断{mmPCR、分光光度計、FISH、アッセイ)、疾患別(ダウン症、フェニルケトン尿症、嚢胞性線維症、鎌状赤血球貧血)、最終用途別(病院、産科および専門クリニック、診断センター)などによってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151895

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)