医療・医薬・福祉

福祉介護サービスの無料相談・案内「はまゆうサロン」をスタート

株式会社Veterans
高齢化が進む横須賀市で、シニア、障がい者等の利用者がより充実した生活を送る支援と、地域包括支援センターとも連携した有償ボランティア参加促進活動を行います。

株式会社Veterans(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 佑)は、神奈川県横須賀市において、福祉介護サービスの無料相談・案内「はまゆうサロン」事業を開始致します。 【URL】https://hamayu-salon.com/


福祉介護サービスの無料相談・案内「はまゆうサロン」事業とは、福祉介護利用者に対し、無料で「はまゆうサロン」へ登録した福祉介護施設、サービス提供者事業を、とくに体験を重視した案内を行い、希望者へ車の送迎等、利用者自身にあった施設やサービス選定と決定のサポートを行う事業です。

サービス提供の背景


利用者視点の福祉介護サービス選択の必要性


日本は超高齢社会により、85歳以上の約6割が要介護認定を受けており、今後更なる福祉介護施設、サービスの利用者増加が見込まれます。

その中で、神奈川県横須賀市は、人口約38万人の県内でも高齢化が進んでいるエリアです。75歳以上人口は、約8万人、約23,000人が要支援・要介護認定を受けており、2025年には介護認定率が20%を超える見込みの、福祉介護対策が必須となっている地域です。

現在は、介護認定を受けたのち、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所のケアマネージャーにより、ケアプラン作成や利用サービス、施設やサービスの選択が行われています。

一方、施設、サービス提供者側はハブとなるケアマネージャーによる紹介を待つ傾向にあり、利用者への認知促進活動やノウハウが限られている傾向があります。

本サービス利用により、施設、サービス提供者は、得意分野の情報発信やタイムリーな情報提供を、利用者やケアマネージャーへ直接提供することで、利用者も自分に合った施設やサービスを知り、選択する機会が増え、生活満足度向上が期待できます。


利用者のみならず、ケアマネージャーが活用しやすい情報の必要性


Veteransは、医療機関に特化してYouTubeをはじめとした動画活用サポート事業を展開しています。そうした動画活用のノウハウを施設、サービス提供者へ提供することにより、ケアマネージャーが利用者へ情報発信するための情報源としても活用可能な取り組みを行います。

提供するサービス


福祉介護サービスの無料相談・案内


「はまゆうサロン」へ登録している福祉介護施設、サービスを、介護事業経験者が施設、サービス提供者の最新情報、体験を重視した案内を利用者へ行います。

利用者がシニア層なことから、ポスターやチラシにより本サービスを認知してもらい、感染症対策として、フリーダイヤルによる案内を準備しています。

また、親族が遠方に居住、独居、老老介護で、移動手段が無いため、一歩がなかなか踏み出せない等、直接訪問する手段がない場合、希望者へは車での送迎も行います。

体験することで、利用イメージがつかないことや人のお世話になることに引け目を感じ、利用が進まない心理的なハードルを下げ、適切な利用サポートを行います。


介護保険外サービス


介護保険では提供できないサービスを提供するのが「介護保険外サービス」です。要介護認定を受けていない方でも利用することが可能です。

電球交換、草むしり、家具移動、スマホ等のデジタル操作やオンライン診療補助など、シニア層の日常の小さな困りごとへ幅広く対応します。


有償ボランティアマッチング


地域包括支援センターと共同で、有償ボランティア案件のマッチングも行います。有償ボランティアとは、交通費等の別途費用を支払います。支援したいという想いがあるものの、移動費用などを自己負担でまかなうことが難しいという方でも参加できます。

シニア層のケアには、福祉介護の対応や介護従事者の増員も必要とされています。そうした中でも介護業界への人員の流入がまだ限られています。

一つには、福祉介護業界に対する固定イメージが先行して、就業先から除外されているケースがあります。ボランティアで体験することにより、実際の仕事のイメージを持ってもらい、福祉介護業界への人員の増加支援を行います。

ボランティア活動を通して、地域社会との接点を作れることや新しいコミュニティに参加できることの他、就職、転職時の自己アピールにもなります。

変革が求められ、進む介護業界において今後は地域内のネットワークを活用し、IT、DX化のサポートや推進、リサーチ等の協力の展開を計画をしています。

有償ボランティア×️自衛官

自衛官・元自衛官に特化したキャリア支援サービスを展開しており、有償ボランティアを活用した自衛官のセカンドキャリア支援の仕組み化も同時並行で進めていきます。有償ボランティア活用は、自衛官のセカンドキャリア支援有効な手段となります。

有償ボランティアが自衛官のセカンドキャリアに有効な理由


有償による職業体験ができる


国家公務員も交通費程度は受け取りが可能とされており、ボランティア自体も有償だと参加しやすい結果が出ています。そうした背景から、勤務時間外に交通費等有償にて、自衛隊以外のコミュニティ形成や、セカンドキャリアの働き方に関する参考となる取組が可能です。


職務経歴書へ就業経験としての記載ができる


企業への応募時、民間就業経験がゼロだと書類選考の通過率が非常に低まります。ボランティア活動等、再就職へ前向きに準備していた取組はプラスに評価される傾向にあります。また、活動取組やそこからの気付きを応募書類へ記載できるメリットがあります。


地域貢献・地域密着認知向上につながる


自衛隊組織自体を地域貢献する組織として、住民や社会にアピールすることとなり、結果的に入隊希望者含め、新たな社会との接点が生まれる可能性があります。

キャンペーンご案内

現在、「横須賀市内」の福祉介護施設、サービス提供事業所へ掲載特別プランをご用意しております。施設数限定となるため、ご関心ある方は、下記へお問合せください。

【問い合わせ先】
info@vetjpn.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)