広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

酸化ストレスアッセイ市場、2021年から2026年にかけて9.7%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「酸化ストレスアッセイの世界市場:業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月23日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc1036994-oxidative-stress-assay-market-global-industry.html



市場の概要
酸化ストレスアッセイの世界市場は、2020年に8億3,600万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は9.7%のCAGRで成長すると予想されています。

酸化ストレスとは、細胞や生体内で酸素由来のフリーラジカルが過剰に生成され、内在する抗酸化物質の防御機能を圧倒してしまう健康状態のことです。酸化ストレスは、タンパク質、脂質、核酸の酸化的損傷を引き起こし、がん、喘息、虚血、糖尿病、心血管疾患、神経変性疾患などの原因となります。フリーラジカルは、医療研究者が病態のメカニズムや反応について理解を深めるのに役立つ数多くのアッセイを用いて評価されます。

市場の動向
フリーラジカルは、生物学的要因、不健康な食生活、大気汚染などが原因で発生します。また、喫煙者やアルコール摂取者の増加に伴い、酸化ストレスの発生リスクが高まり、市場の成長を促進しています。これに加えて、酸化ストレスが原因で様々な病的状態が発生し、老化プロセスが加速することも、市場の成長を後押ししています。さらに、バイオ医薬品産業の成長、研究開発活動への投資の増加、創薬のためのハイコンテント・スクリーニングなどの技術的進歩も、市場成長を促進する主な要因となっています。さらに、酸化ストレスは、コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化につながる主な要因としても考えられています。また、酸化ストレスは、患者の多臓器不全の原因となる可能性が高いと評価されています。この病気と酸化ストレスの相互関係に関する研究が進んでいることは、市場の成長にプラスの影響を与えると考えられます。

主要な市場区分
世界の酸化ストレスアッセイ市場は、製品、技術、検査タイプ、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分
・試薬・消耗品
・検査機器
・サービス

技術別の市場区分
・ELISA(酵素免疫吸着法)
・フローサイトメトリー
・クロマトグラフィー
・顕微鏡検査
・ハイコンテント・スクリーニング
・ラベルフリー検出
・その他

検査タイプ別の市場区分
インダイレクトアッセイ
・タンパク質ベースアッセイ
・脂質ベースアッセイ
・核酸ベースアッセイ
抗酸化力アッセイ
・グルタチオンアッセイ
・アスコルビン酸アッセイ
・細胞ベースの外因性抗酸化物質アッセイ
酵素ベースアッセイ
活性酸素ベースアッセイ

エンドユーザー別の市場区分
・製薬会社
・研究機関
・その他

地域別の市場区分
北アメリカ
・アメリカ
・カナダ
アジア太平洋地域
・中国
・日本
・インド
・韓国
・オーストラリア
・インドネシア
・その他
ヨーロッパ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・イタリア
・スペイン
・ロシア
・その他
ラテンアメリカ
・ブラジル
・メキシコ
・その他
中近東・アフリカ

市場の競合状況
世界の酸化ストレスアッセイ市場における主要な企業としては、Abcam PLC, AMS Biotechnology (Europe) Ltd., Biovision Inc. (Boai NKY Medical Holdings Ltd.)、Cell Biolabs Inc.、Enzo Biochem Inc.、ImmunoChemistry Technologies LLC、Merck KGaA、Oxford Biomedical Research、Promega Corporation、Qiagen N.V.、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1036994-oxidative-stress-assay-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)