その他 医療・医薬・福祉

「ジャパンSDGsアワード」副本部長(外務大臣)賞受賞。カンボジア・小児がん無償治療の取り組みが評価

認定NPO法人ジャパンハート
特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区 理事長:吉岡春菜 以下ジャパンハート)は、内閣総理大臣が本部長を務める持続可能な開発目標(SDGs)推進本部主催の「第5回ジャパンSDGsアワード」において、SDGs推進副本部長(外務大臣)賞を受賞しました。


松野博一内閣官房長官、吉岡春菜、岸田文雄内閣総理大臣、林芳正外務大臣
 本賞は、SDGs達成に向け、オールジャパンの取り組みを推進するために創設された表彰制度です。第5回目となる今年、ジャパンハートは、特に顕著な功績を認められた企業・団体等を顕彰するSDGs推進副本部長(外務大臣)賞に決定。カンボジアでの小児がん患者の無償治療活動が評価されての受賞となりました。
 本日、総理大臣官邸にて表彰式が行われ、林芳正外務大臣より理事長の吉岡春菜に表彰状が授与されました。



 ジャパンハートでは、今回受賞理由に選ばれたカンボジアでの小児固形がん無償治療をはじめ、HIV孤児や人身売買のリスクがある子どもたちを受け入れる養育施設の運営(ミャンマー)、妊産婦・新生児死亡率の高いカンボジアで、妊婦と赤ちゃんに適切な医療や指導を行う周産期事業など、SDGs達成につながる活動を、多岐にわたり行っています。国内でも、小児がんの子どもと家族の外出支援、離島・僻地への医療従事者派遣のほか、国内外での災害発生時には被災地への医療チーム派遣・中長期的な医療支援などに取り組んでいます。

ジャパンハート理事長・吉岡春菜 受賞コメント
「1995年に、吉岡秀人が一人で始めたミャンマーでの医療活動を皮切りに、2004年の団体設立を経て、私たちはこれまでに26万件を超える治療を実施してきました。活動の継続には「困っているひとの力になりたい」という気持ちをもって活動に参加してくださる医療者やボランティアの皆さま、そして温かいご支援・ご協力をいただいた全ての皆さまの存在が不可欠でした。皆さまに対する感謝の気持ちでいっぱいです。
このたびは本当にありがとうございました。今回の受賞を励みに、これからも目の前のひとりを大切にする活動を継続し、SDGs達成に向け活動に邁進してまいります」


【(認定)特定非営利活動法人ジャパンハート】https://www.japanheart.org/


「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に、国内外で無償の医療活動を行う認定NPO法人。1995年に小児外科医・吉岡秀人が単身ミャンマーで活動を開始して以来、現在はカンボジアやラオスなど東南アジア諸国で、小児がん手術などの高度医療を含む治療を年間約35,000件実施しています。HIV孤児など恵まれない子どもたちに、教育機会を提供する児童養育施設も運営。国内では、小児がん患者家族の外出に医療者が同行するプロジェクトや、離島・僻地への医療者派遣、災害被災地への緊急救援事業を行っています。新型コロナウイルス感染症対策として、2021年12月時点で全国89か所以上のクラスター現場に医療チーム271名を派遣したほか、全国700以上の医療・福祉機関へ200万枚のマスク等物資寄付、全国600以上の福祉施設への感染予防指導等を継続しています。国際連合UNIATF Award 2020を日本から唯一受賞。吉岡秀人は第69回菊池寛賞受賞。

■寄付金の控除について 認定NPO法人であるジャパンハートへのご寄付は、寄付金控除などの税制優遇の対象となり、 確定申告を行うことで税金が還付されます。詳細につきましては、右記URLをご確認ください。https://www.japanheart.org/donate/receipt/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)