医療・医薬・福祉

「第21回 Japan Venture Awards」で株式会社T-ICU代表 中西が「SDGs特別賞」を受賞

T-ICU
 遠隔ICUサポートサービスを展開する株式会社T-ICU(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長/医師:中西 智之、以下「当社」)は、独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下 中小機構)が主催する「第21回 Japan Venture Awards 」において、代表取締役社長/医師 中西 智之が「SDGs特別賞」を受賞したことをお知らせいたします。



 Japan Venture Awardsは、革新的かつ潜在成長力の高い事業や、社会的課題の解決に資する事業を行う、志の高いベンチャー企業の経営者を称える表彰制度であり、2000年以来、313名のベンチャー経営者等が受賞しています。その中で、2021年12月17日に行われました、起業家表彰「第21回Japan Venture Awards(略称:JVA)」の表彰式(虎ノ門ヒルズフォーラム5階)において、株式会社T-ICU代表取締役社長/医師 中西は特に SDGs(持続可能な開発目標)に貢献する事業を行う模範的な事例となる経営者を表彰する、「SDGs 特別賞」を受賞いたしました。 「SDGs特別賞」は今年度より新設された賞であり、新設後、初めての受賞者として選ばれる事となりました。

                        (表彰式の様子)
 T-ICUは2016年に創業し、「Anywhere, we care. すべての病院に集中治療医を」をミッションに、遠隔ICUにおけるサポートサービスを手がけてきました。集中治療科医・集中ケア認定看護師のチームを擁し、医療機関向けに専門性の高いサポートを提供する事業会社です。この度の受賞を励みとし、今後もT-ICUは、「世界中の人々に最高の医療を」というミッション実現に向けて邁進します。

受賞に伴ってのコメント
T-ICU代表取締役社長 / 医師 中西 智之

 この度は「SDGs特別賞」をいただき大変光栄に存じます。本年度新設された賞ということで、初代受賞者となりました。このような賞をいただけたのは、社員、遠隔ICUの主旨にご賛同くださっている多くの医療従事者、その他多くの方々のご協力があってのことであり、大変感謝しております。
弊社の事業である遠隔ICUは、国連が掲げるSDGsに貢献する事業と捉えておりましたが、この度の受賞で、その思いが正しかったのだと自信になりました。今後は初代受賞者として、ただSDGsに取り組むだけはなく、SDGsを発信し、牽引していける経営者となるよう邁進いたします

提供サービスについて

遠隔相談サービス「リリーヴ」
全国的に専門家が不足する重症患者診療の現場を、集中治療科医・集中ケア認定看護師で構成されたメディカルチームが24時間365日サポート。命に関わる重症患者診療を担う医療スタッフの不安に寄り添い、呼吸・循環管理、鎮静・鎮痛、感染症治療などの全身管理を最新の知見と豊富な経験で支援する遠隔相談システムです。



         「リリーヴ」サービス紹介URL:https://www.t-icu.co.jp/service/relieve/

遠隔モニタリングシステム「クロスバイ」
ベッドサイドに配置した高性能カメラにより、これまでにない患者観察が可能に。患者の表情や顔色、呼吸様式の観察までもが可能となり、人工呼吸器を含む各種医療機器と接続することで、多面的な患者情報を院内の離れた場所へ届けることが可能な遠隔モニタリングシステムです。COVID-19患者受け入れ病院での医療の提供と医療従事者への感染防止策としても、導入頂いております。

        「クロスバイ」サービス紹介URL:https://www.t-icu.co.jp/service/closeby/

【株式会社T-ICU】
事業内容:集中治療支援・医療情報提供サービス・医療コンサルティング等
代表取締役社長/医師:中西 智之
所在地:〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通3丁目2-5 IN東洋ビル605
URL: https://www.t-icu.co.jp/

代表経歴:2001年 京都府立医科大学 医学部 卒業
2003年 熊本赤十字病院 心臓血管外科
2007年 大和市立病院 麻酔科
2009年 武蔵野赤十字病院 救急救命センター
2013年 守口生野記念病院 救急科
2019年 聖マリアンナ医科大学 非常勤講師(救急医学)
2019年 東京女子医科大学 非常勤講師
2021年 東京医科歯科大学 客員准教授
2021年 Marine city medical college&Hospital 国際客員准教授
集中治療専門医・救急科専門医・麻酔科専門医 等
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)