美容・健康

ファンケル従業員3人が3ヵ月で理想の健康Bodyを目指す企画で、ついに結果を発表!

株式会社ファンケル
どのような結果になっても“正直”にお伝えします。

株式会社ファンケルは12月24日(金)から、ファンケル従業員3人が3ヵ月で理想の健康Bodyを目指す企画の結果を企業ブランドサイト「そこまでやりますチャンネル」で発表しました。



“美と健康”をお客様にお届けする当社の3人の従業員たちが「今よりもっと健康的な身体を手に入れたい」と3ヵ月に渡り、当社の健康運動指導士と管理栄養士の指導を受けながら、様々な宿題を乗り越え、理想の健康Bodyを目指す企画がついに完結。果たして3人は健康Bodyに近づけたのでしょうか?
結果の全てを正直にお伝えします。

詳しくはこちら↓↓
https://channel.fancl.jp/article/category/kenko-sensei

【3ヶ月の取り組み紹介】
<猫背体幹ゆるゆるタイプ 白石の場合>

運動不足や姿勢の悪さが目立つ白石は、NOエレベーター勤務勤務中バランスボールを実施。食事面では、糖質を摂りすぎている傾向があるため、夕食は糖質調整をして主菜中心の食生活に。


<むくみ&隠れぽっちゃりタイプ 大仲の場合>
むくみやすく柔軟性がない大仲は、代謝向上タオルストレッチおうちで簡単ステップ運動を実施。食事面では、品数が多く塩分を摂りすぎているため、味噌汁を控え、減塩生活に。


<栄養不足でダイエット効率悪いタイプ 永野の場合>
お腹周りの脂肪が気になる永野は、3分間のエア縄跳び歯磨きスクワットを実施。食事面では、栄養不足でダイエット効率が悪いため、野菜中心にビタミン・ミネラル豊富な食事に。


◆3人の結果は、果たして!?くわしくはこちら↓↓
https://channel.fancl.jp/article/category/kenko-sensei

<“生徒”「白石 泰章」から見どころをご案内!> 


短いようで長かった3ヶ月。真面目に取り組む者、少しサボる者、マイペースに取り組む者、三者三様で互いに声を掛け合い、励ましながら取り組んできました。途中で必ず挫ける時期はくるので、自身の生活習慣に少し工夫をし、無理のないダイエットをすることの重要性を改めて感じました。我々3人の生徒が歩んだ軌跡を是非最初からご覧いただき、健康Bodyを目指す皆様の参考になれば嬉しいです。


【FANCL「そこまでやりますチャンネル」とは】

美と健康についての、知るとちょっとうれしいこと、面白いこと、びっくりすることなどを取り上げて、FANCLがとことんやってみる!というエンタメチャンネルです。
世の中の「不」の解消を目指すFANCLの、“え、そこまでやるの!?”なチャレンジをどうぞお楽しみください。

今までの配信はこちらから↓
FANCL「そこまでやりますチャンネル」 https://channel.fancl.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)