美容・健康

LINE公式アカウントの友だち登録者数が5,000人を突破

わたし漢方株式会社
薬剤師とLINE上で相談して自分にあった漢方薬を配送してくれるオンライン漢方相談サービス『わたし漢方』 

わたし漢方株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丸山 優菜、以下わたし漢方)が運営する、薬剤師とLINE上で相談して自分にあった漢方薬を配送してくれるオンライン漢方相談サービス『わたし漢方』は、LINE公式アカウントの友だち登録者数が5,000人を突破し、カウンセリング実績を順調に伸ばしていることをお知らせいたします。



■『わたし漢方』とは

『わたし漢方』は、LINEで身体の悩みを薬剤師に相談すると、自分にあった漢方薬を自宅に配送してくれるオンライン漢方相談サービスです。カウンセリングはすべてLINE上で行い、最初の問診は24時間相談可能。漢方の専門家が直接お悩みにお答えいたします。初回の問診はすべて無料。体質改善の相談と漢方薬の服用を希望する場合は有料プランとなります。漢方は貴重な天然資源からできているため、漢方薬局で購入すると2~6万/月ほどかかってしまうことがありますが、LINEでの相談に特化したことでどの処方も定額の1万円代でより継続しやすくしました。また購入後も、体質の変化に合わせて随時LINEで薬剤師に相談ができ、漢方薬の変更も無料です。


■漢方薬の力で、女性を不調から解放したい
月に一度の月経や月経前のイライラ・肌荒れ・便秘、慢性的な冷え性、更年期障害など、不調に振り回されがちな女性。「毎月のことだから耐えるしかない」「体質だから仕方ない」「年齢的なものだから受け入れるしかない」と考え、我慢されている方や痛み止めなどでその場をしのいでいる方も多いようです。しかし、これらの不調は、血流やホルモンバランスを整えるなど、根本原因にアプローチすることで表出している症状が緩和されるケースがあります。症状を根本から改善していくことができる漢方薬の力で、当たり前のように不調をかかえて生きる女性たちを不調から解放することで、自分がやりたいことに全力投球できるよう、サービスを通して手助けをしたいと考えています。

■薬剤師にLINEで気軽に相談
これまで、漢方薬局は高額で敷居が高い存在でした。LINE公式アカウントを通してサービスを提供することで、近くに漢方薬局がない方や、入りづらいと感じていた方、仕事や家事、育児などで忙しくなかなか足を運べない方でも、24時間いつでも相談がしやすくなりました。また、オンライン上でやりとりすることで価格を抑えての提供も可能にしています。


■創業者コメント(ご取材/コメント提供可能)


『わたし漢方』創業者・薬剤師
水沼 未雅(みずぬま みか)からのコメント

<プロフィール>
京都大学薬学部卒業後、東京大学大学院薬学系研究科で博士号(薬学)を取得。アストラゼネカで新薬の開発にかかわった後、マッキンゼー・アンド・カンパニーでヘルスケア関連事業を担当。漢方で自身の不調が改善した経験から、2017年に『わたし漢方』創業。


創業のきっかけ


『わたし漢方』を創業したきっかけは、私自身が漢方と出会ったことで、15年以上悩まされてきた持病が解消されたことです。学生のころから疲れやストレスがたまると咳がとまらず、さまざまな治療を受けましたが完治することはありませんでした。友人に薦めてもらった漢方薬局を訪問し、カウンセリングを受け、処方された漢方薬をのむと、2-3か月で改善しました。この体験から、症状の根本にアプローチする漢方薬の力で、不調とともに生きる女性の毎日を快適にし、やりたいことに全力投球できる手助けがしたいと考えております。


LINE公式アカウントの友だち登録者数5,000人突破について


はじめは小さくスタートした『わたし漢方』でしたが、ご利用者から周りのご友人・ご家族にどんどんご紹介の輪が拡がり、5,000人もの方々に漢方の良さを知っていただけたことを嬉しく思います。今後もますます多くの方の体質改善のサポートをし、漢方のすばらしさをご体感いただけるよう、チーム一丸となって取り組んで参ります。

(参考)
『わたし漢方』公式ページ https://www.watashikampo.com/
『わたし漢方』instagram https://www.instagram.com/watashikampo/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会