その他 ビジネス・コンサルティング

ケイスリー、ガバメント・リレーションズの優良事例としてGRアワード優秀賞を受賞

ケイスリー株式会社
八王子市における大腸がん検診・精密検査受診率向上事業の実施が受賞

ケイスリー株式会社(本社:沖縄、代表取締役社長:幸地正樹、以下「ケイスリー」)は、ソーシャル・インパクト・ボンド(以下、SIB)活用の八王子市大腸がん検診・精密検査受診率向上事業(以下、本事業)で、2021年12月26日に一般社団法人日本GR協会(以下、日本GR協会)よりGRアワード優秀賞を受賞いたしました。



【GRアワード優秀賞とは】
GRアワード優秀賞は、地域課題解決のための良質で戦略的な官民連携の手法(GR:ガバメント・リレーションズ、Government Relations)」において、全国の官民連携事例から好例となる事業に対して、日本GR協会から授与される賞です。

【八王子市における大腸がん検診・精密検査受診率向上事業】
本事業は、日本第一号となるSIBの事例です。SIBとは、市民のためのよりよい行政サービス実現を目指す、「成果連動型」のスキームです。官民で成果連動型契約を行い、事業成果に応じて事業者へ委託料が支払われます。
本事業は八王子市において、平成29年度(2017年度)から令和元年度(2019年度)の3か年で実施されました。
実施自治体の八王子市、民間サービス事業者の株式会社キャンサースキャン、中間支援組織としてケイスリー、また、資金提供者として一般財団法人社会変革推進財団、株式会社デジサーチアンドアドバタイジングおよび株式会社みずほ銀行を含む多様な関係者が、連携して本事業に取り組みました。
ケイスリーは、今後も行政や事業者の意思決定の革新に尽力し、市民のための、より良い行政サービスの実現を目指します。

【参考URL】
・一般社団法人日本GR協会ウェブサイト
https://graj.org/
・本事業の最終報告書
https://www.k-three.org/post/20201120

【会社紹介】
会社名:ケイスリー株式会社
代表者:代表取締役社長 幸地正樹
所在地:
・沖縄本店 沖縄県那覇市字与儀86
・東京本社 東京都千代田区神田小川町3-28-5 axle御茶ノ水 P210
・読谷サテライトオフィス 沖縄県読谷村宇座1861 howlive読谷村残波岬店
設立:2016年3月
ホームページ:https://www.k-three.org
採用情報:https://www.k-three.org/recruit
事業概要:
GovTechプロダクトの開発・運営および付随するインパクト・マネジメント業務。市民コミュニケーションを強化する公的通知個別化サービス「BetterMe」、新たな手法を共創する官民連携オープンイノベーションプラットフォーム、政策形成プロセスの効率化サービス等を提供。

【本件に関するお問い合わせ先】
会社名:ケイスリー株式会社
担当者:幸地
連絡先:contact@k-three.org
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)