医療・医薬・福祉

【堺整骨院グループ】年末のご挨拶と2021年度の年末年始営業のお知らせ

株式会社 堺整骨院
堺整骨院HP:https://fukuoka-seikotsuin.com

今年一年、ご愛顧を賜りまして、大変感謝申し上げますと共に、皆様のご多幸をお祈り致します。



2021年、活動の振り返り

今年も残すところ わずかとなりました。振り返ると2021年も大変な一年となりましたが、堺整骨院グループは、対人距離を確保しつつ、心の距離は縮まる様に、色々な活動を行いました。

国家資格を保持する柔道整復師・鍼灸師が、メディカルトレーナーとして沢山の地域スポーツ大会に救護トレーナーとして積極的に参加し、選手のサポートを行いました。

また、監督や応援に来られている保護者の方が、普段気になっている身体の痛みの相談やケアも行いました。

2022年は、トレーナー活動に合わせて講演会やストレッチ教室など地域の方とのコミュニケーションを大切に、色々な活動を続けてほしいと思います。

【堺整骨院グループ、メディカルトレーナーの集合写真】


年末年始の営業について


堺整骨院グループは、南風原院を除き、年末は12月29日(水)まで通常営業、年始は1月4日(火)から通常営業です。南風原院は、年末年始無休の月曜定休です。

年末年始の疲れを癒しに、来院されてはいかがですか。




堺整骨院グループについて

堺整骨院グループは、福岡県を中心として、九州に多数店舗を展開しています。気軽に通って頂ける、健康の相談窓口として、徹底した施術から復帰、怪我の予防までサポートしています。

西洋医療的知識と東洋医療を統合し、お一人お一人に最良の施術を提供し、独自の方程式で、お客様の命に関わる不調を、早く見つけることを使命としています。肩こり、腰痛、スポーツでのケガは、命にかかわる症状じゃないと思われがちですが、内臓やその他の不調が原因で肩こり・腰痛の「サイン」を出している可能性もあります。実際、毎年5例以上を発見しています。

堺整骨院グループは、他の医療機関と連携しているので、もし内臓やその他の不調が見つかったとしても、併院・転院が可能です。

また、交通事故でのケガも、専門のスタッフがおり、事故の状態によって、身体に受けるダメージが異なる為、医学だけでなく、物理学的な観点からも治療を行います。多数の症例・施術実績に基づき、「あとから痛みの出ない施術」を心がけています。また、保険会社との対応もしっかりサポートしています。

国民医療の窓口の堺整骨院グループへ、足を運んでみましょう。

【堺整骨院グループの外観】

堺整骨院グループでは、野多目まつおかクリニックと医療連携を結んでおり、整骨院での施術が難しい場合や、クリニックと堺整骨院での施術を併用した方が施術効果が高い場合など、患者様へのご説明・了解を取ったうえで、相互に患者様を紹介していますので、安心して来院いただけます。

ケガや痛みの取り除きのほか、運動指導やトレーニングのアドバイスなども行っていますので、お身体でお困りの方は、気楽にご相談下さい。

【野多目まつおかクリニック 外観】

♦野多目まつおかクリニック HP♦
https://notame-cl.com/index.html

堺整骨院グループ 一覧
https://fukuoka-seikotsuin.com/search/

医療連携 一覧(提携医院)
https://fukuoka-seikotsuin.com/clinic/

株式会社堺整骨院
所在地 :福岡県福岡市南区大橋4-3-1
代表取締役会長 :堺 正孝
代表取締役社長 :渡辺淳一
堺整骨院 公式HP
https://fukuoka-seikotsuin.com
堺整骨院 トレーナー活動
https://fukuoka-seikotsuin.com/medical-trainer/
堺整骨院 交通事故
https://fukuoka-seikotsuin.com/contents/jiko_muchiuchi/
堺整骨院 求人
https://recruit.sakai-seikotsuin.jp/
堺整骨院 公式Instagram
https://www.instagram.com/sakai.seikotsuin.kousiki/
堺整骨院 公式Twitter
https://twitter.com/sakaiseikotsuin
堺整骨院 公式facebook
https://www.facebook.com/sakai.seikotsuin.group/
施術メニュー(ソフト整体、猫背矯正など)
https://fukuoka-seikotsuin.com/treatment/







企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)