美容・健康 医療・医薬・福祉

『ORIENTALIGN (オリエンタルライン)』、歯列矯正の新たなる選択肢を提供

HATHOR JAPAN株式会社
完全国内生産のフルオーダーメイドマウスピースにより歯列矯正の精度向上に寄与

HATHOR JAPAN(ハトールジャパン)株式会社(本社:港区、代表取締役社長:村上 彩子)は、約8,000件の臨床データを元に、10年以上の歳月をかけて開発された、次世代ハイブリッド型マウスピース矯正の提供を開始いたしました。








近年、気軽にできるマウスピース矯正や、部分的な矯正治療などが増えており、以前と比べても歯並び治療が身近で気軽なものとなってきました。気軽に歯並びが綺麗になることは良いことですが、同時に、トラブルが増えているのも事実です。「ORIENTALIGN」は、マウスピース歯列矯正でトラブルが起きてしまう方をひとりでも減らしたいという願いのもと作られました。これまでのマウスピース矯正で完全に治りきらなかった方、すでに後戻りをしてしまった方、マウスピースかワイヤーかどちらの治療方法がベストなのか迷われている方、微調整まで可能なクオリティを求められている方、軽症例から難症例まで様々な方に、新たなアプローチ法で矯正治療に対するお悩みを解決いたします。




次世代ハイブリッド型マウスピース矯正「ORIENTALGN」とは?






オリエンタルラインとは、日本人の歯並びと顔の骨格を熟知したベテランの日本人歯科医師が、独自に開発したマウスピース矯正システムです。西洋人と東洋人では骨格が大きく異なるため、西洋で開発されたマウスピース矯正システムでは、日本人には合わず、あまり効果が実感できないというケースも少なくありません。オリエンタルラインは日本人のための完全オーダーメイドのマウスピース矯正で、歯列を美しく整えます。

ワイヤー矯正は、口腔内環境が悪くなるため日頃のケアが非常に重要になります。せっかく歯並びが綺麗に整っても、歯や歯茎がダメージを受けたら本当の美と健康は得られません。そのことをご存じない患者さんも多くいます。虫歯や歯周病の予防専門家の観点から見た場合、ワイヤー矯正と比較するとマウスピース矯正は、歯そのものの美と健康を守るためには非常に安心な歯列矯正方法であると感じました。

しかし色々と歯列矯正を深く学んでいくうちに、マウスピース矯正にも様々なタイプがあり、歯の移動メカニズムに違いがあるなど歯列矯正そのものが非常に奥の深い技術であることを知りました。マウスピースタイプの矯正では対応できるケースが少ないというのが一般的なマウスピース矯正の見え方ですが、オリエンタルラインは、一般的なマウスピース矯正の範囲を超えた適応症例で、ワイヤー矯正と同等の適応ケースの幅があり難症例タイプまで対応が可能です。

歯列を動かすということは歯を支える骨も動かすということです。歯だけでなく骨も動かす治療方法ですので完全なる医療であり治療です。治療には良い作用と悪い作用(リスク)が必ず合わさっており、人体に悪影響も及ぼす可能性があるということを念頭に置いていただき、安さや気軽さだけで選ぶのではなく、目には見えない骨や人体の安全を考えられた設計の歯科治療を選択していただきたいと強く思います。

本当の美と健康を追求していきたい我が社として、歯並びの美しさに加えて、歯そのものが美しく健康であること、そして歯を支える骨そのものの安全と健康まで考えた究極の歯列矯正とは何かを考えた結果辿りついたのがこのORIENTALIGNです。



                                          



フルオーダーメイドマウスピース矯正システム



カスタムメイド型マウスピース矯正が主流の中、オリエンタルラインではすべて1から作るフルオーダーメイド型マウスピース矯正を実現しています。フルオーダーメイドのため、工場での量産は行わず、一つひとつ手作業で緻密にアライナーを製作しております。また患者様からの細かいオーダーも受け付けることが可能です。ひとりとして同じ歯並びの方はいません。そのためカスタムメイド矯正だと、それぞれに合った美しい歯列を完成させるには限界があります。オリエンタルラインではフルオーダーメイドシステムを導入することにより、満足度の高い仕上がりを提供しております。




安心安全の完全国内生産




マウスピースの海外製品による運送期間の長さは、予定通りに治療が進まなくなる大きな要因と言われています。しかしオリエンタルラインは、 完全国内製造により最速治療を実現させています。全ての材料は高品質な素材を使用しており、日本での厳格な審査基準をクリアした厚生労働省の認可がとれている製品のみを提供しています。 毎日使うものだからこそ、安心と安全への配慮を怠らないことをお約束いたします。ジャパンクオリティとその良さを実感してください。



独自の歯列移動システムと経験豊富な専任の歯科医師による治療計画立案


歯列の移動は、歯だけでなく歯を支える骨や歯茎にも負担を掛け変化を起こします。オリエンタルラインは、独自の進化した歯列移動システムを使用しており、歯や骨、歯茎への負担を最小限に抑えることに重点を置いています。そのため治療中の痛みがほとんどなく、治療終了後の後戻りが限りなく起こりにくいのが特徴です
また、矯正治療を始める前に経験豊富な専任の歯科医師と治療計画立案をしっかりと行います。マウスピースの必要枚数や期間などの緻密な分析はAI(人工知能)が行うため、よりエラーの出にくい治療計画となります。歯科医師に矯正の豊富な知識がなければ、AIの間違いに気づくことや修正することができませんが、きちんと経験豊富な歯科医師が治療計画立案を行うことでエラーを起きにくくすることが可能なのです。


安心の明確料金設定


多くの人が矯正治療でハードルを感じるのが高額な治療費用ではないでしょうか。LCM(ローコストマウスピース矯正)は、安さと気軽さを売りにして、治療費用のハードルを低くしたことで矯正治療が身近になり、マウスピース矯正を始める人がとても増えました。しかし実際には、思ったより綺麗にならなかった、もっと綺麗にした場合は追加料金がどんどん発生し、気がつけばローコストではなくなっていたというケースが多くあります。オリエンタルラインではそのような不明確な料金設定はせず、はじめに治療計画とシミュレーション動画によって治療計画全体を可視化し、料金もその時点で決定いたします。治療中に追加料金が発生することはなく、仮にマウスピースの枚数や治療期間が伸びた場合でも追加料金は一切発生しません。




納得がいくマウスピース矯正治療を体験してみませんか。
是非一度お気軽にお問い合わせください。


◎ORIENTALIGN/オリエンタルライン詳細


歯列矯正にご興味がある方はこちら
今なら無料相談受付中▶︎https://hybrid-aligner.orientalign.com/hathorjapan

歯科医院様のお問い合わせはこちら
電話:03-6375-8020
メールアドレス:info@hathorjapan.com


オリエンタルライン公式HP:https://orientalign.com/
Instagram:https://www.instagram.com/orientalign.official/


■年末年始の休業日■

2021年12月30日(木)~2022年1月3日(月)
お問い合わせにつきましては、2022年1月4日(火)以降順次ご回答させていただきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)