アパレル・ファッション 美容・健康

2022年箱根駅伝初出場で注目される駿河台大学駅伝部と磁器ネックレスの「アーマーテラス」が初コラボ「アーマーテラス 駿河台大学駅伝部モデル」受注生産販売開始

ティーラボジャパン株式会社
「爆速王」と呼ばれた駿河台大学駅伝部監督徳本一善氏がデザイン監修

ティーラボジャパン株式会社(本社:東京都立川市、代表取締役:竹内宏)は、磁器ネックレスアーマーテラスブランドにおいて、駿河台大学駅伝部監督徳本一善氏がデザイン監修を行ったコラボ商品を新開発、初回受注生産販売を2022年1月1日に開始(お届けは春頃を予定)いたします。 https://armourterasu.theshop.jp/items/57317525


アーマーテラス 駿河台大学駅伝部モデル
駿河台大学駅伝部監督徳本一善氏



「アーマーテラス 駿河台大学駅伝部モデル」 駿河台大学駅伝部監督徳本一善氏


アーマーテラスは、永久磁石を使用した磁器ネックレスのブランドです。クールでなデザイン、軽量タイプでスポーツの妨げにならないため、これまでもアスリートの方々に支持されてきました。今回、2022年に箱根駅伝初出場となる駿河台大学駅伝部を応援したいと考え、コラボレーションを行うこととなりました。


この度新開発したモデルは、現役時代箱根駅伝や長距離走で活躍し「爆速王」の異名を持つ駿河台大学駅伝部監督徳本一善氏がデザイン監修を務めたコラボ商品となります。アーマーテラスの特長である永久磁石に加え、駿河台カラーのブルーのパーツ(ステンレス素材)を入れてスタイリッシュでクールなデザインに仕上げました。ブルーのパーツにはカッティング加工が施されており、走るたびに青くキラリと光る仕様となっています。2022年の箱根駅伝でも箱根路を疾走する駿河台大学駅伝部の選手たちの首元に、ぜひご注目ください。




徳本一善氏のコメント


今回、駿河台大学駅伝部のチームカラーのブルーに合わせたデザインに仕上げていただき大変気に入っています。アーマーテラスは軽いので、ランニング時はもちろん日常生活でも負担がなく、いつでもつけていられます。いい感じで走れている気がします。






商品概要


名称:アーマーテラス 駿河台大学駅伝部モデル
特長:駿河台大学駅伝部のランナーたちをイメージし、クールなイメージで作りました。永久磁石に加え、駿河台カラーのブルーのパーツ(ステンレス)を使用しています。ブルーパーツにはカッティングが施されており、走るたびに首元が青くキラリと光ります。アスリートにとって体幹を支える首や頭は大切な部分です。ネックレスとして首元に身に
着けることで首回りにアプローチいたします。アスリートの方はもちろん、ランニングやゴルフ、テニス、野球、フットサルなど、各種スポーツをされる方にもおすすめです。
価格:38,500円(税込)
初回受注生産開始日(発売日):2022年1月1日
販売元:ティーラボジャパン株式会社
ECサイト:https://armourterasu.theshop.jp/
※写真の商品は試作品であり、デザインは若干変更となる可能性がございます。




発売について


初回販売は受注分のみ生産する予定となっており、初回受注生産販売(予約)は、2022年1月1日にECサイトにて開始いたします。お届けは春頃を予定しております。一般販売は5月以降を予定しております。
https://armourterasu.theshop.jp/items/57317525



徳本 一善氏について


法政大学社会学部卒。順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科修士課程修了。日清食品グループ陸上競技部プロ契約選手(2002年~2012年)。駿河台大学陸上競技部駅伝監督(2012年~)法政大学時代、4年連続で箱根駅伝に出場。1999年1区10位、2000年1区1位、2001年2区2位、2002年2区途中棄権。2001年 ユニバーシアード北京大会10000m 3位。2002年 釜山アジア大会1500m 5位。実業団の日清食品グループに所属してからは、主に長距離走・駅伝で活躍。2003年・2004年日本選手権5000m優勝。2006年 東日本実業団対抗駅伝総合優勝(7区1位)。2007年 全日本実業団対抗駅伝総合3位(2区6位)、東京マラソン5位。2010年 ニューイヤー駅伝総合優勝(6区2位)。
URL:https://www.instagram.com/graf2006/



お問合せ先


一般の方からのお問合せ先
armourterasu@t-labo-j.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)