医療・医薬・福祉

ヒト骨髄由来間葉系幹細胞からダイレクトリプログラミング法による膵ベータ細胞の作出と1型糖尿病患者に対する再生医療等製品の開発を目的とした共同研究について

学校法人 順天堂
サンバイオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森 敬太、以下「サンバイオ」)と順天堂大学(東京都文京区、学長:新井 一)は、同大学が研究を進めているダイレクトリプログラミング法による膵ベータ細胞の作出に係る共同研究に関する契約を締結しましたので、お知らせします。


1型糖尿病は、自己免疫疾患の一種で、膵臓に存在するインスリンを産生するβ細胞が破壊されてしまう生命に関わる重篤な疾患で、インスリン製剤を用いた治療を生涯に渡って継続する必要があります。世界的には糖尿病患者全体の約5%が1型糖尿病と言われており、若い方を中心に幅広い年齢で発症します1,2。2017年のデータによれば、日本における推定患者数は約8万人と言われています3。

今回の共同研究は、順天堂大学大学院医学研究科難治性疾患診断・治療学(岡崎 康司 教授、松本 征仁 客員准教授)が開発した体細胞からダイレクトリプログラミング法によって、間葉系幹細胞から膵ベータ細胞を作出し、1型糖尿病に対する再生医療等製品の開発を目指すものです。サンバイオがこれまでSB623の開発過程で蓄積してきた再生医療等製品の開発技術と順天堂大学の体細胞からのダイレクトリプログラミング法を組み合わせ、1型糖尿病のモデル動物を用いて有効性および安全性を評価し、臨床試験に進むために必要なデータの取得を目指します。

<出典>
1: 1型糖尿病ってどんな病気?. 糖尿病情報センター. http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/050/010/01.html, (参照 2020-01-24)
2: 1型糖尿病の治療について. 糖尿病情報センター. http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/050/020/02.html, (参照 2020-01-24)
3: 厚生労働省患者調査2017

サンバイオグループ(サンバイオ株式会社及びSanBio, Inc.)について
サンバイオグループは、再生細胞薬の研究、開発、製造及び販売を手掛ける再生細胞事業を展開しています。当社独自の再生細胞薬である SB623 は、慢性期外傷性脳損傷及び慢性期脳梗塞を含む複数疾患を対象に開発を進めています。東京に本社、カリフォルニア州マウンテンビューに支社を置くサンバイオグループの詳細は、https://www.sanbio.jpにてご覧いただけます。

順天堂大学について
順天堂大学は、「不断前進」の理念のもとに学是「仁」を大切にしながら、出身校,国籍,性別の差別のない“三無主義”を学風として掲げ、6学部3研究科6附属病院からなる「健康総合大学・大学院大学」として教育・研究・医療そしてリベラル・アーツを通じて国際レベルでの社会貢献と人材育成を進めております。順天堂大学ホームページ:https://www.juntendo.ac.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会