流通 美容・健康

2022年に取り組みたいことは「運動」と「規則正しい生活」。ダイエットより健康重視の傾向に【女性300人にアンケート】

株式会社Suppleno
《2022年に取り組みたいこと、コロナ後の展望など、女性の健康・美容意識を調査》

一人ひとりに合ったパーソナライズサプリを提供する 《株式会社Suppleno》(本社:大阪府東大阪市、代表取締役:井藤竜生)は、2022年の美容・健康意識を探るため、アンケートを実施しました。





TOPICS


2022年に取り組みたいことは1位「運動」、2位「規則正しい生活」と健康志向が顕著に
マスクをしなくなった時には「肌がキレイだと思われたい」が1位
しかし実際には、そのための取り組みを「していない」人が69%。


【調査概要】
「女性の健康・美容意識に関する調査」
調査期間:2021年11月24日(水)~11月26日(金)
対象:全国の20代~40代女性 N=316
調査方法:インターネット調査



2022年に取り組みたいこと1位は「運動」

「ダイエット」や「スキンケア」といった美容的な取り組みより、健康全般に関わる項目が上位になっています。これは、長引いた巣ごもり生活で運動不足が強く自覚されていることや、健康意識の高まりが影響していると考えられます。


Q.あなたが2022年に取り組みたいと思うことは何ですか?[いくつでも]



アフターコロナでマスクをしなくなった時、「肌がキレイだと思われたい」

コロナ後を見据え、マスクをしなくなった時に欲しいのは、肌の美しさが圧倒的でした。


Q.アフターコロナでマスクをしなくなった時、どんな風になっていたいと思いますか?[いくつでも]



マスクオフ時の「キレイ」のためにしていること=69%がい」

マスクの下は「キレイな肌」だと思われたいという一方で、現実には特別なケアはできていない人が大半のようです。


Q.前問で選ばれた「こうなっていたい」ことを実現するために、現在何かしていることはありますか?[ひとつだけ]



まとめ

女性の中で従来は高かった美容やダイエット意識が、コロナ禍を経て健康意識へとシフトしたことが顕著になりました。
2022年は巣ごもりから外へ、の期待感も高まる中、実際には「外へ」の準備はできていない人が多いことから、今後マスクオフが現実的になった時には一気に肌ケアニーズが高まることが予想されます。また、巣ごもり生活によって高まった「健康的なダイエット」ニーズは今後も継続することが見込まれます。

サプリノでは、栄養バランスを整え、カラダの中から美しさやダイエットを実現していく「パーソナライズサプリ」の提供を通して、誰もが健康への一歩を踏み出しやすい社会の実現を目指します。



Suppleno(サプリノ)について

サプリノは、「キレイになりたい」「元気でいたい」「健康診断が気になる」など、一人ひとりの、またその時々の目的やお悩みをサポートできるライフケアサプリです。15種類の目的別サプリから2種類、どれを選んでもOK。1日の不足量を補えるマルチビタミン、ミネラルをセットにして毎月定額でお届けします。
無料サプリ診断【ライフケア分析】を使うと、成分の「摂りすぎ」「足りない」がないよう、また「飲み合わせ」ももちろん考慮して、今のあなたが本当に必要な成分をサプリのプロがご提案します。





【会社概要】
会社名:株式会社Suppleno
所在地:〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-4-1
代表者:代表取締役社長 井藤 竜生
設立:2021年4月1日
URL:https://suppleno.com/
事業内容:サプリメントの製造・販売

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社Suppleno(サプリノ)
TEL:06-6748-9360
email:office@suppleno.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)