広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

オリゴヌクレオチド合成市場、2021年から2026年にかけて12.7%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「オリゴヌクレオチド合成の世界市場:動向、シェア、市場規模、成長、および機会予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を1月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc1037181-oligonucleotide-synthesis-market-global-industry.html




市場の概要
オリゴヌクレオチド合成の世界市場は、2020年に29億米ドルの規模に達しました。2021年から2026年の間に市場は12.7%のCAGRで成長すると予想されています。

オリゴヌクレオチド合成は、核酸の短い断片を互いに結合させ、目的とする配列の製品を形成する化学プロセスです。オリゴヌクレオチド合成は、研究者が用途や要求に応じてカスタマイズすることができます。モノクローナル抗体を開発するための組換えDNA技術では、プライマーやプローブとして使用されます。また、遺伝子発現、クローニング、分子診断、遺伝病のスクリーニングなど、生物学、医学、法医学、臨床の分野でも利用されています。さらに、オリゴヌクレオチドを手頃な価格で入手できる自動反応プラットフォームが導入されたことで、いくつかの薬剤の治療法としても注目されています。

市場の動向
コロナウイルス感染症(COVID-19)の増加に伴い、治療法の確立が急務となっており、現在、mRNAワクチンやDNAワクチンを含む新世代のオリゴヌクレオチド医薬品の開発が進められています。また、がんやその他の慢性疾患の増加に伴い、新しい診断法の需要が高まっており、効果的な治療法や診断技術の開発に役立つオリゴヌクレオチド合成の必要性に影響を与えています。また、高齢者人口の増加や個別化医療への需要も市場の成長を後押ししています。さらに、精製技術や品質管理技術の進歩により、オリゴヌクレオチド技術の全体的なコストを削減しつつ、品質や収率を大幅に向上させることができます。これにより、オリゴヌクレオチド合成の応用が促進され、様々な修飾が可能になっています。また、オリゴヌクレオチドを用いた治療法がさまざまな段階で臨床試験されています。これにより、ウイルス感染症、希少な遺伝性疾患、神経筋疾患などの治療のために、オリゴヌクレオチド合成の需要が高まることが予想されます。

主要な市場区分
世界のオリゴヌクレオチド合成市場は、製品、用途、最終用途、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分
・合成オリゴヌクレオチド製品
・試薬
・機器
・サービス

用途別の市場区分
・PCRプライマー
・PCRアッセイ・パネル
・シークエンス
・DNAマイクロアレイ
・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)
・アンチセンス・オリゴヌクレオチド
・その他

最終用途別の市場区分
・製薬・バイオテクノロジー企業
・病院・診断機関
・学術研究機関

地域別の市場区分
北アメリカ
・アメリカ
・カナダ
アジア太平洋地域
・中国
・日本
・インド
・韓国
・オーストラリア
・インドネシア
・その他
ヨーロッパ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・イタリア
・スペイン
・ロシア
・その他
ラテンアメリカ
・ブラジル
・メキシコ
・その他
中近東・アフリカ

市場の競合状況
世界のオリゴヌクレオチド合成市場における主要な企業としては、アジレント・テクノロジー株式会社、Biolegio B.V.、Bio-Synthesis Inc、Eurofins Genomics、GenScript、Horizon Discovery Ltd、Integrated DNA Technologies Inc (Danaher Corporation)、Kaneka Eurogentec S.A. (Kaneka Corporation)、LGC Limited、Nitto Denko Avecia Inc (Nitto Denko Corporation)、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037181-oligonucleotide-synthesis-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)