ホテル・レジャー 医療・医薬・福祉

株式会社REHA・ツーリズム(REHAt): 京都町家xテクノロジーでリハビリツーリズムの価値を広めたい!

リハット
REHAtは、リハビリ・ヘルスツーリズムをきっかけに健康回復ができ、豊かな日常生活ができるようになることが願いです

~脳梗塞になったエンジニアのチャレンジ~ 京都町家×テクノロジーでリハビリツーリズムの価値を高めたい!


2021年11月12日に観光関連サービスに特化したクラウドファンディングZenes(ゼネス)でスタートできました
”京都町家xテクノロジーでリハビリツーリズムの価値を広めたい! ”プロジェクトですが、皆さまの温かい応援のおかげでご支援額は目標金額の80%に到達しております。残り45日、より一層頑張ってまいりますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします。

京都の魅力を最大化する新しいツーリズム”リハビリ・ヘルスツーリズム”の開発・提供
町家リハビリテーションプラン”旅の窓”にお得な2泊目無料1泊分クーポン券を追加できました。
・「THE MACHIYA SHINSEN-EN」 2泊リハビリ宿泊プラン
・「THE MACHIYA EBISUYA」 2泊リハビリ宿泊プラン
”旅の窓”はスマートミラーを利用した、オンラインリハビリ&観光案内・体験ツアーのサービスです。



(参考)Zenesとは   
Zenes(ゼネス)は、ウィズ/アフターコロナの観光再開に向けた復興支援や、新たな観光ビジネスの創造・商品開発のためのテストマーケティングの機会を提供する、観光産業に特化したクラウドファンディングサービスです。15年にわたり現地体験を専門に取り扱ってきたベルトラが、観光関連サービスの新たな試みを「支援プロジェクト」として観光事業者と共同企画し、人々に「応援したい、活動に関わりたい」と思わせる関心事を日本そして世界中から集め、観光サービスに育てていきます。

●「旅の中で、進化するテクノロジーを活用できれば、もっと楽しくリハビリができるのではないか?」
脳梗塞とその後のリハビリ生活の経験に専門分野であるエンジニアの知見を融合させ、 旅とテクノロジーを組み合わせたリハビリツーリズムを考案しました。 皆さまにクラウドファンディングでご支援を募り、実現を目指していきます。


●タイトル
  ~脳梗塞になったエンジニアのチャレンジ~
  京都町家×テクノロジーでリハビリツーリズムの価値を高めたい!

●プロジェクトページURL
  https://www.zenes.jp/projects/rehat-tourism
●実行者  株式会社REHA・ツーリズム  代表  中田秀貴
●募集期間 2021年11月12日~2022年2月20日予定
●プロジェクト概要
 観光地として多くの魅力を持つ京都の町家でのテクノロジーを利用したリハビリプランを実現させて、実際にリハビリをされているご本人やご家族の方に体験していただくことで、サービス価値検証・リハビリ市場へのプロモーション及び認知拡大まで漕ぎつけるのが、今回のクラウドファンディングの目的です。
 そのうえで、利用された方々がご自宅でもスマートミラーをはじめとしたテクノロジーを利用して、自立したリハビリトレーニングを楽しめるような社会を目指していきます。リハビリツーリズムを実現するためには、ハード面・ソフト面ともにまだまだ課題はたくさんありますが、「千里の道も一歩から」の思いで、まずは今回のプロジェクトを成功させたいです。このプロジェクトは、私たちREHA・ツーリズムの原点、スタートラインです。
ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)