美容・健康

コロナ禍で顕在化したコリ悩みに、貼るだけでアプローチ!【ピップエレキバン(R)130】が『大人のおしゃれ手帖』主催「大人のヘルスケア大賞2022年春」にて「肩こり・腰痛部門 特別賞」を受賞

ピップ株式会社
ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、磁気の力で血行を改善しコリをほぐす磁気治療器「ピップエレキバン130」が、株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)発行の雑誌『大人のおしゃれ手帖』が主催する「大人のヘルスケア大賞2022年春」にて、「肩こり・腰痛部門」特別賞を受賞したことをお知らせします。






受賞の背景

『大人のおしゃれ手帖』は、ファッション・ライフスタイル誌の立場から10年後もすこやかに過ごす準備として、ヘルスケアの重要性を発信し、より公で話しやすい空気を作りたいという思いで「大人のヘルスケア大賞」を2020年8月号から実施しています。今回で4回目の開催となり、2022年1月7日(金)発売の2月号で受賞商品が発表されました。薬剤師や医療ジャーナリスト、美容家など多様なジャンルの識者に加え、大人のおしゃれ手帖編集部員やミモザ会員※からヒアリングした「実際に使ってみて本当に良かった商品」を、大人の悩みにまつわる部門ごとにコメントと共に掲載しています。
この度、「ピップエレキバン130」は「肩こり・腰痛部門」にノミネートされ、特別賞を受賞しました。選者の方からは、「肩甲骨や腰など筋肉が凝り固まった部分に貼ったら、血行が良くなってポカポカしてきた気がしました。コリがほぐせました。」というコメントを頂きました。コロナ禍でのおうち時間増加による運動不足や、テレワーク普及によるコリ悩みの増加、加えてマッサージや整体に行くのを控えている方も多くいらっしゃり、身近な場所で購入でき、気軽に使えるケア用品に注目が集まっていることが受賞の一因と考えます。

※「ミモザ会」とは、50代女性の嗜好や暮らしを知るために、大人のおしゃれ手帖が2018年12月に立ち上げた読者組織


磁気の力でお手軽にコリを解消する「ピップエレキバン130」の特長

1972年の発売以来、およそ50年に渡り人々のコリに向き合ってきた「ピップエレキバン」。磁気がコリのある部位に作用し、血行を改善します。こっているな、と思うところを指で軽く押さえ「少し痛い、気持ちいい」と感じるところに貼ってお使いください。肩・首・腰・腕など、様々な部位のコリをピンポイントでほぐします。

【ピップエレキバンの嬉しいポイント】
1.貼るだけの手軽さで貼っている間中、磁気がずっと効く!そのままお風呂にも入れます。
2.かぶれにくく、むれにくいバンソウコウで、2日~5日間貼りっぱなしOK!
3.薬剤不使用で匂いもないので、お仕事中やおでかけ中のケアにも最適です。






開発者の声:ピップ株式会社 商品開発事業本部 伊賀遥香



この度は、「大人のヘルスケア大賞2022年春 肩こり・腰痛部門 特別賞」に選出いただき、ありがとうございます。
「ピップエレキバン」シリーズは、1972年に発売を開始し、今年で50周年を迎える商品です。そんな節目となる年に、このような賞をいただけて関係者一同感激しております。
肩コリは日本人の国民病とも言われており、老若男女問わず多くの方が悩んでいる症状です。受賞が嬉しい反面、今まで以上に肩コリに悩んでいる方が多くいらっしゃることを痛感いたしました。
「ピップエレキバン」は、コリのポイントに数日間貼っておくだけで、血行改善してコリをほぐしてくれる手軽な商品です。仕事・家事・育児…と日々忙しく過ごす皆様に、是非お使いいただき、お悩み解消の一助となれば幸いです。
その他の「ピップエレキバン」シリーズラインナップや、ピップ社員の貼り方などもホームページに掲載しておりますので、是非ご覧ください。


ピップエレキバン発売50周年

ピップエレキバンは、1972年の誕生から50年。
おうちの薬箱から家族の一員のように見守り続け、頑張る人たちを肩コリから解放してきました。
ピップエレキバンが生まれた当時は高度経済成長期の終盤。日本中が頑張り続け、疲れがピークに達していた頃でした。
この50年で昭和から平成、令和へと時代が移り、社会は大きく変わりましたが、依然として肩コリは日本人の国民病と言われています。
デジタル化によるスマホやパソコン使用の拡大、デスクワークの増加、運動不足…
社会の変化に伴い、人々の身体にコリをもたらす新しい問題も生まれてきています。
ピップエレキバンは変化する生活に寄り添いつづけ、充実した毎日を維持します。

“肩コリゼロを目指して”
これからの50年も頑張る人たちを応援します。




製品概要 管理医療機器





※ピップエレキバンはピップ(株)の登録商標です。

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社 お客様相談室 TEL:06-6945-4427
ピップ製品情報ホームページ https://www.pipjapan.co.jp/products/
ピップエレキバンブランドサイト https://www.elekiban.com/
Twitter公式アカウント https://twitter.com/pip_cp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)