美容・健康

約8万人をノーファンデーションの素肌に導いた「ドクターリセラ」から、自宅でサロンケアのクオリティーでケアができるホームケアの最上級美顔器『セルビースキン』が1月7日新発売!

ドクターリセラ株式会社
「ドクターリセラ」はファンデーションのいらない肌づくりをコンセプトに全国3,080店舗のエステティックサロンにコスメを供給、約8万人をノーファンデーションの素肌に導いた無添加スキンケアメーカーです。


セルビースキン
ドクターリセラでは、創業当初からの代表の想いである“安全で結果が出る、そして人と地球環境にやさしい製品を”という願いを込めて『美と健康と地球環境に貢献する』製品作りを続けています。

このたび、サロンケアと併用し普段のホームケアにプラスすることで、肌が喜ぶ贅沢なひとときをお楽しみいただける1台3役の美顔器 『セルビースキン』 を2022年1月7日より、ドクターリセラ取扱いサロンで販売開始いたします。




■取扱いサロン
https://www.dr-recella.com/salon-intro/

■発売日
2022年1月7日

■価格
本体:38,500円 (税込)
ブラシのみ:8,250円 (税込)

■お問い合わせ電話番号
0120-410-248
(月~金 午前10時~午後5時)



セルビースキンとは



ドクターリセラ取扱いサロンからの要望で製品開発、誕生したホームケア美顔器。
サロンに通いにくい今、毎日のホームケアが美肌へとつながります。
まるでサロンケアのような贅沢なひとときを。



製品の特長

・業務用美顔器同様のブラシを採用
・3つの機能搭載 (ディープクレンジング、毛穴洗浄、イオン導入)




期待できる作用

・普段のホームケアにプラスすることで、更なる美肌を目指します。
・汚れ・古い角質の除去。
・美容成分の浸透をサポート。(角質層まで)
・肌リズムを整える。



3つの機能



1.ディープクレンジング


微弱電流でクレンジングを行います。
通常の洗顔では落としきれない老廃物や排気ガスなどの
細かい毛穴汚れを吸着して取り除きます。


使用方法
1.プレクレンジングをして洗い流し、タオルでやさしく拭き取る。
2.クレンジング(500円玉大2個分)を顔全体に塗り、「ion+」(1~2分)でディープクレンジングを行う。
3.終了後、洗い流しタオルでやさしく拭き取る。


2.毛穴洗浄


ブラシ1本1本に微弱電流を流し、なかなか取り切れない毛穴の奥の汚れまで吸着して取り除きます。



使用方法
1.ソープを、泡立てネットで泡立てる。(りんご1個分の固めの泡)
2.顔全体にたっぷり泡をのせる。
3.ブラシをヘッドに取り付け、最初に「brush-」(2~3分)を1周、次に「brush+」(2~3分)で1周、泡の表面にブラシをあて動かす。
※ブラシが直接肌にあたらないように注意
4.終了後、洗い流しタオルでやさしく拭き取る。


3.イオン導入


微弱電流を流し、美容成分を浸透*させます。
悩みに合わせた美容成分を肌に導入していくことで、トラブルに素早くアプローチします。
⋆角質層まで


使用方法
1.顔全体に美容液を適量塗布する。
※肌が敏感な方は先に化粧水で肌を整える
2.化粧水or精製水で濡らしたシートマスクを顔にのせる。
3.導入ヘッドで、「ion-」(5~6分)でイオン導入を行う。
4.終了後、シートマスクをとりはずし、通常お手入れを行う。



ドクターリセラとは



公式HP:https://www.dr-recella.com/

『ノーファンデーションの肌づくり』をコンセプトに、肌が本来持っている力を最大限に引き出す無添加(※1)スキンケア製品の開発をしております。
全国3,080店舗(※2)のエステティックサロンで取引いただき、症例数は81,007件(※3)に及びます。
「ADS」は、美容経済新聞社調べの「コスメティック総選挙」において2012~2014年の全年(3年連続)第一位を獲得。
また、BEST BEAUTY ITEM フェイシャル部門では、「Recella Diva」が2年連続受賞、「ADS」「アクアヴィーナス」が3年連続受賞で殿堂入りしました。
美のプロフェッショナルであるエステティシャンに選ばれ続けるスキンケアブランドです。
エステティックサロン専売製品だけではなく、ホームケアブランドとして幅広い年代にご愛用いただいている「アクアヴィーナス」、 日用品を揃えたブランド「cocochia」、無添加のメイクブランド「VI PLANTE(ヴィ プランツ)」などを一般販売しております。

(※1) 石油系合成界面活性剤・防腐剤(パラベン)・合成香料・鉱物油・合成着色料の5つを不使用。
(※2) (※3) 2021年8月末時点

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)