流通 医療・医薬・福祉

乳がん患者用ブラジャーの開発と雇用促進を目的に東京・恵比寿にショールームを開設

アボワールインターナショナル株式会社
ショールームではアボワールの全商品が試着可能

がん患者向けブラジャーの企画・開発を手掛けるアボワールインターナショナル株式会社(所在地:京都市下京区、代表取締役:中村 真由美、以下 アボワール)は、乳がん患者用ブラジャーの開発と雇用促進を目的に、当社初となるショールームを2022年2月5日(土)に東京・恵比寿にて開設します。同所では社会復帰を目指す乳がん患者を雇用します。また、ショールームではアボワールのすべての商品を試着・購入できます。




■乳がんを経験しても変わらず働ける環境を整える
アボワールは、乳がんを経験してもおしゃれをあきらめたくない女性のために、バストの状況に合わせて必要なパッドが入れられて、なおかつ女性として気持ちが上がる美しいブラジャーを企画開発してきました。さらに本年度は、働く女性が乳がんを経験しても変わりなく働くことのできる場所の提供・雇用と、価格・着け心地共にストレスフリーな国産パッド開発を目指し、経済産業省令和3年度「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」の補助事業者20社に採択されました。

今回、新たに開設するショールームでは、この国産パッドの開発を進める他、乳がん患者を雇用して、心身ともに無理なく社会復帰ができる環境を整えます。

住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿一丁目18番5号 アルカサル202 サステナジー株式会社内
名称:アボワール ショールーム(恵比寿)
営業開始日:2022年2月5日(土)
営業日:2月5日、10日、14日、16日 ※3月以降の予定はアボワールのサイトにてお知らせします。
お問い合わせ先:https://avoir-kyoto.com/contact/

■全商品試着可能なショールームで自分のバストにあったブラジャーを選べる
ショールームでは、アボワールの全商品のサイズ・カラーを用意しています。乳がん患者のバストの状況は、元々のバストの大きさの違いだけでなく、全摘・温存など手術の内容によって千差万別です。そのため、乳がん患者が自身にとって最適なブラジャーを購入するためには色や柄の選択だけでなく、正確なサイズの測定、3Dカメラには映らない副作用や気になる部分の確認などが必要になります。こういったチェックを店頭で行ってから商品を購入していただきたいという思いで、ショールームをオープンします。

なお、一部の商品はその場で購入して持ち帰ることができますが、ほとんどの商品は京都本社から送料無料での発送となります。
ショールームの様子
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)