企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

【オミクロン株と超高齢化社会によるフレイルを予防】オンライン運動指導システムの実証実験を高知県黒潮町で開始

リモット株式会社
1月13日から2月17日まで実証実験

リモット(株)(本社:東京都港区、代表取締役:生野達也)は、新型コロナ第6波に伴うコロナフレイルの予防と、超高齢化社会へ向けた医療介護資源の乏しい地域に向けたフレイル予防を目的にオンライン運動指導システムを開発しました。高知県黒潮町で1月13日から2月17日まで実証実験を行います。



新型コロナウイルスの新し変異株であるオミクロン株の拡大が広がる中で、高齢者や障害者が長期間、自宅に閉じこもることで筋力や体力が低下してしまうコロナフレイルの発生が危惧されています。また、超高齢化社会へ向けて、医療・介護資源の乏しい地域では、一部、身体機能の低下に対して運動を提供する機会が乏しいことによって、重症化を招く可能性があるという懸念があげられています。
 そして、フレイル予防のためには多職種間の相互理解・情報共有を行いながら、円滑な連携の推進に取り組む必要があることも重要であると考えています。

上記の課題をかんがみ、住民に対して、ITによるオンライン運動指導の実証実験を行い、重症化予防と、多職種間の情報共有につながるかを検証することを狙いとしています。
実証実験では協力者20名に対してオンライン運動指導システムを提供して効果を検証していただく予定です。

リモット株式会社とは

リモット株式会社は、日本が将来直面する健康寿命の延伸という課題に対して、人口減少による労働力の制約が強まる中で、テクノロジーを通して医療・福祉サービスの改革で解決していく企業です。


オンライン運動指導システムとは

運動を提供する施設が自宅近隣にない住民に対して、アプリ内蔵タブレットを利用して一人でできる運動動画を提供するサービスです。
また、オンラインビデオツールを通した運動指導も出来るほか、利用者が許諾をすれば家族や他職種へも利用履歴などのデータを共有できるためコミュニティ全体での健康増進にも効果的であると期待されています。
2022年4月頃にリリース予定である。

※製品紹介ページ https://re-motto.jp/about/

                  図:オンライン運動指導システムイメージ


実証実験の狙い

高齢者に対する活用課題並びに、情報共有機能の課題を実証実験を通して吸い上げ、サービスのブラッシュアップを狙っていく。


実証実験の予定

1.実証実験協力者への説明会
日時: 2022年1月13日(木)13時時半~14時半
場所:黒潮町
内容:実証実験協力者へ目的説明やオンライン運動指導システムの利用方法説明

2.実証実験
期間:1月17日(月)~2月17日(木)
内容:オンライン運動指導システムを使用したテレビ電話面接と運動指導動画の提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)