広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

北米の非侵襲性美容治療の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR13.2%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「北米の非侵襲性美容治療市場:規模、シェア、動向分析レポート:手技別(肌の若返り、注射)、最終用途別(病院、伝統的スパ、HCP所有のクリニック)、セグメント別予測(2021年~2028年)」(Grand View Research, Inc.)の販売を1月7日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/grvi1039319-north-america-non-invasive-aesthetic-treatment.html




北米の非侵襲性美容治療の市場規模は、2020年に171億2,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけてCAGR13.2%で成長すると予測されています。非侵襲的な治療法は、侵襲的な手術と比較して、切開箇所が少なく、入院期間も短くて済み、傷の治りが早い、痛みが少ない、手術の傷が小さい、合併症のリスクが低いなどの利点があるため、この10年間で急激に増加しています。

COVID-19パンデミックの出現により、北米の非侵襲性美容治療市場は全体に大きな打撃を受けました。しかし、多くのエステティック専門家は、このパンデミックがエステティック市場全体を活性化させる可能性が高いと考えています。多くの皮膚科クリニックでは、治療のための予約や相談の件数が増加しています。

米国形成外科学会でも、パンデミックの影響による美容整形手術の受け入れの増加が報告されています。同協会が訳1,000人の女性を対象に行った調査によると、11%の女性が、COVID-19以前よりも外科的または非外科的な処置に興味を持つようになったと報告しています。

SKIN - The Journal of Cutaneous Medicineによると、COVID-19の影響で、米国では2020年に美容施術の入院患者数が50%以上減少すると言われていましたAllure誌によると、パンデミックの最中や後には、安全性への懸念や感染対策のため、レーザー関連の再開が遅れていました。しかし、多くの国では、厳格なCovid-19プロトコルの下、皮膚科や美容クリニックの再開が認められており、これが市場をパンデミック前のレベルに急回復させる助けとなりそうです。ビデオ通話の大幅な増加や、自宅で目立たずに回復できるという利点など、さまざまな要因がパンデミック後の市場を後押ししています。

American Society of Plastic Surgeonsが発表した記事によると、2018年から2019年にかけて、低侵襲&外科手術による美容整形の件数が1%近く増加したと言われています。2020年には国内で約1,328万1,235件の非侵襲的な美容施術が行われ、ボツリヌストキシンフィラー、セルライト治療、ケミカルピーリング、IPL治療、レーザー脱毛が上位5つの施術となっています。

これは、技術の進歩、可処分所得の増加、多数の美容専門家の存在などの要因によるものと考えられます。さらに、米国は、エステティック企業が新製品を発表する際に最も好まれる市場の一つと言われています。例えば、2020年6月、Cynosure社は、すべての肌タイプに対応したカスタマイズ永久レーザー脱毛治療を可能にするElite iQプラットフォームを米国、欧州、オーストラリアで発売しました。

米国とカナダでは高齢者人口が増加しており、市場の成長をさらに後押しすると予想されます。シワ、肌の弾力性の欠如、ダークスポットなどの老化の兆候は、25歳から30歳の間に現れ始め、30歳から65歳になるとより顕著になります。これらの要因が、北米における非侵襲性美容医療市場の成長を促進すると考えられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1039319-north-america-non-invasive-aesthetic-treatment.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)