教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

イマクリエイト、「Doable XR」を活用した医療系学生向けバーチャルトレーニングを熊本大学と共同開発

イマクリエイト株式会社
現実のように実際に身体を動かしながらの演習が可能

現実のように様々なことをXR上でできるようにする「Doable XR」の研究・開発を行うイマクリエイト株式会社(本社:東京都品川区、代表者:山本彰洋、川崎仁史、以下イマクリエイト)は、「現実のように実際に自らの身体を使いながら行う演習」をコンセプトに、医療系学生向けのバーチャルトレーニングを熊本大学と共同で開発しました。



■開発したバーチャルトレーニング
以下の2つのトレーニングを開発しました。
1. 飛沫感染を可視化しながらの看護技術演習トレーニング
2. 寄生虫感染症を顕微画像から検査するトレーニング

■「飛沫感染を可視化しながらの看護技術演習トレーニング」について
嘔吐処理、口腔ケア、吸引操作による汚染の拡がりを意識しながらバーチャル上で看護技術のトレーニングができます。

(背景)
新型コロナ感染症の世界的パンデミックに伴い、看護学生が実際の患者を相手に実習を行うことが制限されるようになりました。多様化・複雑化するニーズに対応できる医療人の育成は、学生が自律的・主体的に学習に取り組み、実践する態度を習得できるような教育の工夫が必要です。そこで、患者や器具など、実際の病棟と同じ環境をバーチャル上につくることで、学生個々がいつでも自主的に学習できる環境をつくりました。

(特徴)
嘔吐処理、吸引といった病院実習では体験できない場面や日常的に行われる口腔ケアを「見て学ぶ」のではなくバーチャル上で「やってみながら学ぶ」ことができます。看護をする過程でどのようにウイルスや細菌が拡がっていくのかを可視表示できるため、看護における飛沫感染リスクを意識しながらの演習が可能です。

▼汚染箇所を可視化した様子

▼汚染を可視化した状態での口腔ケア


■「寄生虫感染症を顕微画像から検査するトレーニング」について
顕微鏡データを使って検体内の寄生虫や寄生虫卵を目視確認する実習をバーチャル上でできるようにしたトレーニングです。

(背景)
従来の寄生虫感染症の検査実習は、実習のたびに貴重な検体を用意し、各自が顕微鏡を使用して検査し、目的のものが正しいのかどうか指導者が確認して回らなければならず、費用も時間もかかるものでした。そこで、バーチャル上に顕微鏡観察と同じ環境をつくることで、備品の用意や場所の制約なく、いつでも検査トレーニングができる環境をつくりました。

(特徴)
実際に顕微鏡を覗くように、検体の画像を拡大・縮小・移動しながら自らの目で寄生虫や寄生虫卵を探すことができるため、備品や設備を用意しなくても検査トレーニングを行うことができます。また、ヒントモードを使用して、実施者自ら目的のものを探せるようになる能力がつきます。さらに、顕微鏡モードで目的のものが探せるようになった後、テストモードではトレーニングで得た知識を確認することができます。

▼検体画像を拡大・縮小・移動し、寄生虫や寄生虫の卵を探す様子

▼ヒントをもとに寄生虫や寄生虫の卵を見つけた様子


▼テストモードでトレーニングの成果を確認



■企業情報
イマクリエイト株式会社
所在地 : 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目22-7 池田山KAY&KAYウェスト101号室
代表者 : 山本彰洋 川崎仁史
URL  : https://ima-create.com/

国立大学法人熊本大学
所在地 : 〒860-8555 熊本市中央区黒髪2丁目39-1
代表者 : 生命科学研究部 前田ひとみ 橋本弘司
URL  : https://www.kumamoto-u.ac.jp/


イマクリエイトは「XRでやってみる」が当たり前のようにできる世の中の実現を目指し、「Do with XR」を掲げ、現実における様々な動きのXR化を進めてまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)