医療・医薬・福祉 暮らし

葬儀ITベンチャーの株式会社よりそうへ出資

ヤマシタ
~介護や終活について早い段階から検討する層への機会提供に向けて~

 福祉用具レンタル・販売事業を行う株式会社ヤマシタ(本社:静岡県島田市、代表取締役社長:山下 和洋、以下「ヤマシタ」)は、葬儀ITベンチャーの株式会社よりそう(東京都品川区、代表取締役社長CEO:芦沢 雅治、以下「よりそう」)が実施する第三者割当増資(シリーズE)の一部引き受けにより出資を実施しました。今後両社は、デジタル領域における業務提携など、中長期的な連携を検討していきます。




■出資の背景
 日本は世界でも類を見ないスピードで少子・高齢・多死が進む「課題先進国」です。年間死亡者数は増加傾向にあり、2040年には168万人に達する見込みですが(※1)、亡くなる方の背景には支えるご家族が何倍も存在します。1人の方が亡くなる前後、ご家族は介護やお葬式、ご供養、相続といったさまざまなライフイベントを経験しますが、そのたびにサービスの比較検討や申し込みを繰り返すことが大きな負担となっています。
よりそうは、これまで価格の不透明性や情報格差が課題だった葬儀・供養業界において、パッケージ型プランおよびIT活用を特長とした「よりそうお葬式」「よりそうお坊さん便」などを提供することで、喪主さまやご遺族さまの不安解消に取り組んできました。

 一方、福祉用具レンタルのパイオニアとして30年以上の実績を持つヤマシタは、ご利用者が自立した生活を送るためのサービスの提供を追及してきました。そうしたなかで、ご利用者へもっと豊かな生活を届けるために、ベンチャー企業のような新しい技術や価値観を持った会社との協業の取り組みを加速しており、このたび「ライフエンディング・プラットフォーム(※2)」構築を目指す同社への出資に至りました。

 両社は、介護や終活について早い段階から検討する層に対する情報発信などにおいて、デジタル領域における業務提携など中長期的な連携の可能性を検討していきます。

 ヤマシタは、今後もミッションとして掲げる「世界の‘生きる’をもっと豊かに」のもと、より多くの人が自分らしくよりよい人生を過ごせる社会の実現を目指します。

※1 内閣府「令和3年版高齢社会白書(全体版)」
※2 終活・お葬式・ご供養・相続まで包括的に提供するサービスプラットフォーム


■よりそう代表者のプロフィールとメッセージ




株式会社よりそう 代表取締役社長 芦沢 雅治


 1985年、岐阜県出身。高校卒業後、カナダへの語学留学後アメリカの大学在学中に起業する。2009年、よりそうの前身となる株式会社みんれびを創業。現在は葬儀に関わるサービスを包括的に展開している「社会によりそうライフエンディング・プラットフォームの創出」を掲げ、終活・葬儀・供養の不安をワンストップで解消する事業を展開。
<メッセージ>
 この度は、よりそうが目指す「ライフエンディング・プラットフォーム」構想にご賛同のうえご出資いただいたことを大変嬉しく思います。2009年の創業からお客さまの生の声に耳を傾け続けるなかで、お葬式の前後にもたくさんのご心配があると気付いた時からこの構想はスタートしました。なかでも介護はお葬式と同様、情報や判断基準が十分認知されていないがゆえにご利用者さまのご不安が大きい領域だと認識しています。人々が人生の終わりに抱える課題を一つひとつ解消するうえで、介護領域に強みを持つヤマシタ様の存在は欠かすことができません。今回のご出資をきっかけに、お互いの強みを持ち寄ることで「誰もが自分らしい選択ができる社会」を共創できると確信しています。

■ヤマシタ代表者のプロフィールとコメント




株式会社ヤマシタ 代表取締役社長 山下 和洋
 2010年、株式会社ヤマシタ入社。2013年、先代社長であった父が急逝し、25歳の若さで代表取締役社長に就任。以降、経営基盤の強化や事業の選択・集中などの変革を推し進め、就任当時から約4倍の利益を稼ぐ会社に成長させる。2020年ダイヤモンド経営者倶楽部「Management of the year」受賞。現在、東京商工会議所1号議員や日本福祉用具供給協会理事など12の公職に就任。
<メッセージ>
 父であり前社長の山下一平がよく言っていた「終わりよければすべて良し」という言葉を私も大切にしており、何事も最後が重要だと考えています。それは、お客様に対しても最後まで良い人生だったと思ってもらえるようなサービスを提供したいという想いであり、その想いを胸に我々は福祉用具レンタル事業を行っています。私たちのお客様の中にも、天寿を全うし、お亡くなりになる方もいらっしゃいます。その事実に向き合うたびに、残されたご家族に対しても私たちはもっと良い体験を提供し、皆様の心配を軽減することができるのではないかと常々思っていました。ライフエンディングサービスも福祉用具と同じく、広く一般に情報や判断基準が十分理解されていない状況かもしれませんが、そこにある情報格差を埋め選択肢を幅広く提供するもの同士、パートナーとして中長期的な関係を築くことができると考え、出資にいたりました。


■株式会社よりそうについて


 2009年3月に設立後、2013年に「よりそうお葬式(旧:シンプルなお葬式)」、「よりそうお坊さん便(旧:お坊さん便)」の提供を開始。高齢化や核家族化による葬儀・供養の価値観の変化等を取り入れたサービス内容が支持され、問い合わせ件数を伸長させています。2018年3月には葬儀・法要・供養等の「ライフエンディング」サービスをワンストップで提供するブランド「よりそう」を発表。事業成長を加速しています。
(会社概要)

所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-17 HI五反田ビル4F
設立年月:2009年3月
代表者:代表取締役社長CEO 芦沢 雅治
事業内容:インターネットを介した葬儀・供養サービスの提供
URL:https://www.yoriso.com/corp/


■株式会社ヤマシタについて
 日本の福祉用具レンタル・販売、およびリネンサプライ業界のパイオニアであり、海外展開やオムニチャネル構想などの挑戦を続ける未来志向のリーディングカンパニー。「世界の‘生きる'をもっと豊かに」をミッションに掲げ、在宅介護における自立した生活、そして自己実現を諦めない生き方ができる社会を目指す。
(会社概要)



所在地:静岡県島田市中河 737
設立:1963年3月6日
代表者:代表取締役社長 山下和洋
事業内容:福祉用具レンタル・販売、居宅介護支援事業、リネンサプライ事業等
URL:https://www.yco.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)