美容・健康 広告・マーケティング

【エステサロンで効果実感の声多数!】オリジナル電子マネー発行プラットフォームpokepay(ポケペイ)のエステサロンでの導入事例を公開

株式会社ポケットチェンジ
pokepay導入企業様の「導入効果」「利用者の声」をご紹介!

株式会社ポケットチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役:青山新、以下:当社)は当社が提供するオリジナル電子マネー発行プラットフォーム「pokepay(ポケペイ)」のエステサロンでの導入後の成果事例を公開しました。 pokepayについてはこちら>>https://pay.pocket-change.jp/entries/42





オリジナル電子マネープラットフォーム「pokepay(ポケペイ)」とは



pokepay(ポケペイ)は『誰でも簡単に自社のオリジナル電子マネーを発行できるサービス』です。
お客様がチャージしたマネーやキャンペーンで付与したポイントは他店に流れることなく自店での施術の都度払いや、回数券のように数回の施術分を1度にチャージして利用頂くことができます。
同じ販促でも割引はリピートに繋がりにくいことが多いですが、pokepayでは次回も使える残高がお客様の手元に残るため、再来店の促進他店への流出防止の効果が高くなります。また、所有しているマネー・ポイントは友達同士で送り合うこともできるので自社オリジナルマネーの共有による紹介来店も期待できます。

pokepayは、これまでエステサロンや整骨院など多数の美容サロンにご導入頂いています。

多くの導入先がメリットを実感!事例の内容を一部紹介します!

■業務効率化とリピーター獲得を実現:【温美整Total Conditioning Salon】KuRock(クロック)


・導入目的
・KuRockではもともと紙で回数券を発行していて、メニュー数の増加に伴い回数券の発行作業や配布といった管理、利用状況をアナログで管理するのが難しくなっていた
・回数券の目的である「リピーター獲得」という点を担保しつつ、取引管理などをデジタルで管理出来る方法とししてpokepayを導入しオリジナル電子マネー「KuRock Pay」を発行

・成果とポイント
・オリジナル電子マネーだからこそ実現できる自社ならではのポイント還元をすることでお客様へのメリットを創出した結果、今では約8割のお客様がKuRock Payを利用
・自社でしか使えない残高が残ることで紙運用だった時に比べてリピート率が上がり、KuRock Payをお使いのお客様だけで見ると平均来店間隔日数が20%短縮され「リピーター獲得」も実現
<紙とデジタルでの運用面の違い>



KuRockの記事はこちら▶https://pay.pocket-change.jp/case-studies/kurockpay

■導入初月から100万円以上のチャージを記録:メディカルエステSALALA(サララ)


・導入目的
・メディカルエステSALALAではもともと紙で10~30万円という金額の券をプリペイドで提供していたが、会計処理やアナログ管理の精度の低さや面倒さに課題感を持っていた
・pokepayはマネーを事前にチャージしてもらうことが出来るためデジタルでプリペイド券と同様の使い方が出来る点から導入

・成果とポイント
・アナログ管理していた部分をデジタルにしたことでリアルタイムに正確な数字が確認出来ることで業務効率が向上
・単店にもかかわらず導入初月から100万円以上のチャージが発生
・残高分が次回利用のキッカケとなり、2回目、3回目のお客様では高額チャージ(10万円以上)が発生
・お客様1人あたりの来店頻度が導入3か月目には導入初月と比べて149%に上がり「リピート獲得」も実現

SALALAの記事はこちら▶https://pay.pocket-change.jp/case-studies/salapay

当社ではpokepay導入シーンや導入後の活用法といったpokepayの導入をご検討頂いている皆様に役立つ情報をお伝えする場として「導入事例」ページを運営しています。
その他のエステサロンの事例はこちらから▶
https://pay.pocket-change.jp/case_studies


お問い合わせはこちらから(10秒ほどで完了します)
https://pay.pocket-change.jp/contact



株式会社ポケットチェンジ 会社概要

会社名: 株式会社ポケットチェンジ( https://www.pocket-change.jp/
所在地: 東京都港区芝4-3-5 3階
代表者: 代表取締役 青山 新
設立 : 2015年12月
事業内容:
・外貨・邦貨の現金小銭を既存・新規の電子マネーに変換するインフラ・プラットフォームサービスの開発・提供
・オリジナル電子マネー発行プラットフォーム「pokepay」の開発・運営
・キャッシュレス社会実現に貢献するハードウェア・ソフトウェア・決済サービスの企画・開発・運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)