広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

在宅医療の市場規模、2026年に2,982億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「在宅医療の世界市場 (~2026年):製品 (透析装置・点滴装置・人工呼吸器・凝固モニター・ピークフローメーター)・サービス (点滴治療・専門看護・ホスピス)・適応症 (癌・創傷ケア・糖尿病)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を1月12日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1040156-home-healthcare-market-by-product-dialysis.html




在宅医療の市場規模は、2021年の1,989億米ドルからCAGR8.4%で成長し、2026年には2,982億米ドルに達すると予測されています。これは、高齢者人口の急激な増加と慢性疾患の発生率の上昇、医療費の増加による費用対効果の高い医療提供のニーズの高まり、在宅医療機器の技術的進歩などに起因しています。また、遠隔医療の普及と未開拓の発展途上地域は、在宅医療市場のプレーヤーに大きな成長機会をもたらしています。一方で、償還方針の変更、保険適用範囲の制限、患者の安全性に関する懸念などが、市場の成長を一定程度制限する要因となっています。

COVID-19による在宅医療市場への影響

COVID-19パンデミックは、在宅医療市場に様々な影響を与えています。在宅医療市場は製品とサービスで構成されているため、その影響はさまざまです。COVID-19は、血糖値モニター、血圧モニター、パルスオキシメーター、体温モニターなどの導入を進め、在宅医療用モニター製品にプラスの影響を与えました。一方で、在宅医療機関による自宅での病人や高齢者の治療に関しては、ビジネスの減少が報告されています。

牽引要因:高齢化社会の到来、慢性疾患の多発、在宅医療アクセス拡大の必要性

高齢化社会の進展は、ヘルスケアに対する需要を高めるとともに、高齢者が慢性疾患にかかりやすいことから、政府や医療システムの負担を大幅に増加させます。このことは、不必要な訪問や入院・再入院を減らし、医療従事者に会いに行くための時間やコストを削減しながら、医療へのアクセスを向上させることができる在宅医療市場を牽引する要因になります。

抑制要因:患者の安全性への懸念

在宅医療では、評価や所見の伝達は看護師が担当し、患者の安全性や転帰に影響することが考えられます。在宅医療のもう1つの特徴は、臨床医が独自の設定で各患者に医療を提供することです。この状況下では、患者にリスクをもたらす状況変数があり、それを取り除くのは難しい場合があります。 病院での治療の場合は、このような事態に対処するため、設備の整った環境安全部門が整備されています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1040156-home-healthcare-market-by-product-dialysis.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)