医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

i-nest capitalが自閉症スペクトラム障害の子供たちのためのデジタル治療薬を開発する「IMPUTE株式会社」へ投資

i-nest capital株式会社
 i-nest capital株式会社(読み:アイ・ネスト・キャピタル、本社:東京都目黒区、代表:山中卓、以下i-nest capital)は2022年1月、同社1号ファンドである「i-nest1号投資事業有限責任組合」を通じ、IMPUTE株式会社(読み:インピュート、本社:東京都千代田区、代表取締役:シング・マヤンク・クマール、以下IMPUTE)への投資を実行いたしました。



■ 自閉症スペクトラム障害(ASD)の子供たちのためのパーソナライズされた療育アプリ「自閉症セラピー」を開発

 IMPUTEは、神経障害と神経変性疾患を対象とした人工知能(AI)ベースのソリューションを備えたデジタル治療薬(DTx: Digital Therapeuticsデジタルセラピューティクス ※1)の開発・提供を目的に2017年10月に日本で設立されました。

 IMPUTEは第一弾として、対人関係が苦手・強いこだわりといった特徴をもつ発達障害の一つである自閉症スペクトラム障害(ASD)の子供たちにフォーカスし、総合的な発達を支援する療育アプリ「自閉症セラピー」(以下、本アプリ)を開発いたしました。本アプリをDTxとして販売開始するために、現在、国立成育医療センターと共同でプロトタイプアプリを使用した臨床研究を重ねています。

 開発の背景として、日本の潜在的なASD治療の待機児童数は1万5千人いると推定され、世界のASD治療薬の市場規模は拡大の一途を辿っており2026年には約46億ドル(約5,300億円)規模に達すると予測されています(※2)。一方でASD治療における課題として、巨額な治療費負担と、訓練を受けたセラピスト(日本では臨床心理士)の深刻な不足があります。

 この社会課題を解決すべく、IMPUTEは本アプリを通じて、いつでもどこでもアクセスでき、手頃に高品質な治療を受けられるサービス提供をいたします。
 本アプリは、ASDの子供たちの最も標準的な治療法と考えられている応用行動分析(ABA ※3)の基本原則を使用し開発され、子供たちが絶えず学習して改善できる機械学習(ML)メカニズムにより、可能な限り個々の子供のニーズに対応したAIによる療育プログラムを提供できるよう設計されています。特許取得済み(※4)のソフトウェアプログラムにより動作し、表情、眼球、および体の動きを追跡して、子供の行動の情報を取得し、学習の強化に役立てます。
 本アプリは認知と社会性スキル、機能的自立を向上させ、生活の質を改善することを目標に、自閉症の症状緩和に高い効果が期待されています。



「自閉症セラピー」のイメージ (英語・日本語他、複数言語に対応)

 医療・健康にデジタル技術を適用する取り組みであるDTxは、効果を示す臨床データを有すれば、世界各国の規制当局によって医薬品として認可・承認を受けることができます。
 IMPUTEは、今回の調達資金を臨床試験およびアプリの開発・改善費に充て、世界各国でDTxとして薬事申請、新薬承認に向け引き続き取り組んでまいります。
また、本アプリで構築されたAIによるMLデータを、脳波パターンの解析や遺伝子分析などと組み合わせることでASDの根本原因の解明に貢献できる可能性もあり、将来的にASD療育エコシステムの構築も目指しています。

(※1)DTxは「医師の管理下で患者自身が使用する治療目的のプログラムであり、疾病の予防、診断・治療などの医療行為をデジタル技術を用いて支援、または実施するソフトウェア」と定義  出典:https://www.sbbit.jp/article/cont1/52514
(※2)出典:https://www.medgadget.com/2019/10/autism-disorder-and-treatment-market-size-to-worth-usd-4612-1-million-by-2026.html
(※3)ABAは子供がポジティブな強化子を得ることを通して、社会的、コミュニケーション、および学習スキルを向上させることを目的とした療育方法の一つ
(※4)自閉症治療支援システム、自閉症治療支援装置、及びプログラム 特開2020-151092

■ i-nest capitalは豊富なノウハウ&ネットワークで成長を支援
 
 i-nest capitalは、エンターテインメント&ライフスタイル領域を中心に新産業の創造や社会課題の解決を目指すベンチャーキャピタルです。
 弊社は、IMPUTEの医師、エンジニア、応用行動分析のスペシャリストやクリエイターで構成された多様で多国籍のチーム力を強みに、ASDやその他神経発達障害に効果的で手頃なデジタルセラピー療法の実現に向け使命感と情熱を持って取り組む姿勢に、同社がAIとヘルスケアを組み合わせた新領域であるデジタル治療薬の分野においてグローバルなリーディングカンパニーとなり得る将来性を評価し、今回の出資に至りました。
 i-nest capitalは今回の資金提供に加え、外部取締役の派遣を通じて経営を支援し、また、各パートナーの豊富な支援実績および広範なネットワークを活かして、IMPUTEの企業価値向上に貢献してまいります。

■ IMPUTE株式会社 (インピュート)
・Webサイト:https://impute.co.jp
・連絡先 :pr@impute.co.jp
・設立 :2017年10月
・代表者 :代表取締役 シング・マヤンク・クマール

■ i-nest capital株式会社(アイ・ネスト・キャピタル)
・Webサイト :https://www.i-nestcapital.com
・連絡先 :info@i-nestcapital.com
・設立 :2019年5月
・代表者 :代表パートナー 山中 卓(やまなか たかし)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)