医療・医薬・福祉 その他

【救急搬送困難を解消】『TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業』が救急医療情報サービス「Smart119」の実証実験を実施

株式会社Smart119
千葉大学発医療スタートアップ企業である株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、2021年9月に山梨県の『TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業』に採択され、救急医療サービス「Smart119」(特許第6875734号)の実証実験を、2022年1月18日、東山梨消防本部、山梨県立中央病院、山梨厚生病院、山梨大学医学部附属病院において実施することを発表します。



『TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業』に採択された救急医療情報サービス「Smart119」は、救急搬送困難事案(救急搬入のたらい回し)の解決を目的に、「一括受入要請」「医療機関との情報共有」「スムーズな受入体制の構築」救急隊の現場活動を支援するシステムとして、救急・医療現場から開発され、現在、千葉市で運用しています。

本サポート事業採択後、実証実験対象地域の救急件数、搬送時間、医療機関の数などを調査し、地域特性に合わせたシステムを開発しています。2021年12月20日には、実証実験の初期段階であるLevel.1を東山梨消防本部にて実施しました。

救急活動における病院選定・交渉時間を、従来の電話連絡と、Smart119のタブレット端末を使用した一括要請及び情報共有システムで比較する運用シミュレーションの結果、本システムによって、病院選定・交渉時間を34.8%にあたる平均1分48秒短縮する結果となりました。



この結果を基に、最終段階である「Level.2」及びLevel.3」の実証実験を、2022年1月18日に、次のように実施します。

◆実施要領
実施日 :令和4年1月18日(火)16時00分~17時00分
実施場所:東山梨消防本部、山梨県立中央病院、山梨厚生病院、山梨大学医学部附属病院
参加  :東山梨消防本部、山梨県立中央病院、山梨厚生病院、山梨大学医学部附属病院、山梨県庁
     株式会社Smart119
実施隊 :救急隊1隊(塩山救急)

◆目的
Smart119システムおよびタブレットを使用し、架空の救急事案を用いて3つの医療機関へ、一括受入要請を行い、病院選定・交渉時間を計測する。情報伝達の効率化、現場滞在時間の短縮を図るとともに、救急隊の業務負担やストレスを軽減する効果及び医療機関の利便性を検証する。

一連の実証実験を通じ、救急医療情報サービス「Smart119」の有効性を立証し、山梨県下における救急搬送困難事案(救急搬入のたらい回し)を解消し、県民が安心できる医療体制構築へ貢献することを目指します。

◆関連プレスリリース
・2021年9月17日
【救急医療のDX化】救急医療情報サービス「Smart119」が山梨県主催『TRY! YAMANASHI!実証実験サポート事業』のライフサイエンス部門に認定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000056624.html

・2021年5月25日
救急出動支援システム「Smart119」が特許を取得
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000056624.html

・2020年7月20日
千葉市消防局が「Smart119」システムを本運用開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000056624.html

◆Smart119紹介ムービー
・次世代119通報システム「Smart119」
https://youtu.be/mebOF-Otv4g

・Smart119の紹介[日本語字幕]
https://youtu.be/QOJe9Gaq_so

◆株式会社SMART119:企業紹介ムービー
【Smart119企業ムービー】「誰もが安心できる未来医療を目指して」
https://youtu.be/Q-vnHIIBGgE

<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発スタートアップ」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時をはじめ、医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。


【株式会社Smart119概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)