美容・健康 医療・医薬・福祉

Community Nurse Company 株式会社は、PwCコンサルティング合同会社と「コミュニティナースがあたりまえのインフラとなる社会」を目指した協業を開始します。

Community Nurse Company 株式会社

人とつながり、まちを元気にする「コミュニティナース」の育成・普及事業を展開する、Community Nurse Company 株式会社(本社:島根県雲南市、代表取締役:矢田明子、以下CNC)は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供する、PwCコンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋、以下PwC)との協業を開始します。



取り組みの背景

CNCは、社会保障費の増加と地域医療の崩壊が危ぶまれる現代社会において、健康寿命の延伸という観点から、暮らしの身近な場所で『毎日の嬉しいや楽しい』を一緒につくり『心と身体の健康と安心』を実現する新たな社会的役割「コミュニティナース」の普及と、より健康でより幸せな人が溢れるコミュニティづくりに従事していまいりました。本事業に対して “社会における信頼を構築し重要な課題を解決する“をPurpose(存在意義)とし、ビジネスを通じて社会全体の持続的な価値創造を目指すPwCと理念が重なり、コミュニティナースの普及のために協業を開始するに至りました。


両社が目指す社会

CNCとPwCは、両社の強みを生かすことで、コミュニティの課挑戦するコミュニティナースと、住民ひとりひとりがお互いを応援しあいより健康でより幸せな人が増え続けるコミュニティを、これまで以上のスピードと規模で創出し、日本全体にポジティブな変化をうみだすことを目指します。


協業開始にあたって

本協業を開始するにあたり、CNCでは12月1日よりPwCより社員1名を迎え入れ、コミュニティナースの実践フィールド拡大やパートナー企業との連携の企画、コミュニティナースが持続的に活動するための経済基盤の確立、活動の社会的意義に対する認知の拡大を推進してまいります。








CNCでは、新しい社会的役割としてのコミュニティナースが国民にとって「あたりまえ」のインフラになるため、企業・自治体との協働を進め、2022年度までにコミュニティナース30,000人の輩出を目指します。


◼️Community Nurse Company 株式会社について
本 社:〒699-1311 島根県雲南市木次町里方422番地
代表者:代表取締役 矢田明子
設 立:2017年3月31日
資本金:1,000,000 円
URL:https://community-nurse.jp/


◼️PwCコンサルティング合同会社について
本 社:〒100-0004 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング
代表者:代表執行役CEO 足立晋
設 立:1983年
URL:https://www.pwc.com/jp/ja.html


◼️本件に関するお問い合わせ先
企業名:Community Nurse Company 株式会社
担当者名:藤田
Email:pr@community-nurse.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)