出版・アート・カルチャー 暮らし

【重版】小児科医と臨床心理士が教える、子どもの睡眠の整え方。『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』好評につき3刷出来!

株式会社産業編集センター
株式会社産業編集センター(本社:東京都文京区、代表取締役:環早苗)は、2019年4月発売の書籍『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』を好評につき重版いたしました。全国の書店・ネット書店で好評発売中です。


『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』

https://www.shc.co.jp/book/10276


書籍紹介

病気しやすい、勉強しない、いつも不機嫌、肥満、便秘…
睡眠を変えるだけで、子どもの“困った”はなくなる!

子どもの睡眠が持つ重要な役割と、睡眠を整えるための数多くのヒントをご紹介する1冊。
勉強や習い事はもちろん大事ですが、成長途中の子どもにとって一番重要なことは、まず睡眠。「正しい睡眠」への理解を深めることで、子どもの健康な体と豊かな心をはぐくむことができます。

「正しい睡眠」をとるための具体的なスケジュールや、睡眠についてのQ&Aなど、コンテンツ大充実!

『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』見開き1
『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』見開き2
『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』見開き3
『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』見開き4



目次

第1章 子どもの「大変!」の原因はすべて睡眠にあり
第2章 子どもの睡眠の基本を知ろう
第3章 ケース別 睡眠の整え方
第4章 睡眠Q&A


書誌情報


『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』書影
書名:子どもが幸せになる「正しい睡眠」
著者:成田奈緒子、上岡勇二
仕様:四六判、164ページ、本文1色
定価:1,430円(本体価格1,300円+税)
発売:2019年4月15日
ISBN:978-4-86311-220-9
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4863112203
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15831767/


著者プロフィール

成田奈緒子(Naoko Narita)
小児科医、医学博士。不登校・引きこもり・発達障害等の親子・当事者支援事業である「子育て科学アクシス」代表。文教大学教育学部教授。1987年神戸大学卒業後、米国セントルイスワシントン大学医学部や筑波大学基礎医学系で分子生物学・発生学・解剖学・脳科学の研究を行う。2005年より文教大学准教授、2009年より同教授。臨床医、研究者としての活動も続けながら、医療、心理、教育、福祉を融合した新しい子育て理論を展開している。著書に『子どもの脳を発達させるペアレンティング・トレーニング』(上岡勇二氏との共著。合同出版)、『8歳までの子どもの脳に やっていいこと 悪いこと』(PHP 研究所)、『「睡眠第一!」ですべてうまくいく』(双葉社)など多数。近著に、ノーベル賞科学者・山中伸弥教授との共著『山中教授、同級生の小児脳科学者と子育てを語る』(講談社)がある。

上岡勇二(Yuji Kamioka)
臨床心理士。2014年より「子育て科学アクシス」スタッフ。1999年、茨城大学大学院教育学研究科を修了した後、適応指導教室・児童相談所・病弱特別支援学校院内学級に勤務し、子どもたちの社会性をはぐくむ実践的な支援に力を注ぐ。また、茨城県発達障害者支援センターにおいて成人の発達障害当事者や保護者を含めた家族支援に携わる。著書に『子どもの脳を発達させるペアレンティング・トレーニング』(成田奈緒子氏との共著。合同出版)、『ストレスは集中力を高める』(芽ばえ社)がある。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)