医療・医薬・福祉 美容・健康

レスメドが睡眠時無呼吸症候群向けCPAP治療の「AirFit(TM) N30 マスク」を上市

レスメド株式会社
- 軽量かつ鼻腔の下にあてるクレードル型クッションでより使いやすく、快適に -

テクノロジーを駆使しデジタルヘルスとクラウドに接続された医療機器のグローバルリーダーのResMed(レスメド)の日本法人 レスメド株式会社(以下、レスメド、所在地:東京都千代田区、代表:代表取締役 黒川貴史)は、睡眠時無呼吸治療向けのチューブダウン式鼻クレードルCPAP(持続陽圧呼吸療法)用ネーザルマスク「AirFit N30マスク」を本日、上市しました。




新製品AirFit N30マスクは、鼻腔の下にあてるクレードル型クッションを備え、チューブを鼻孔に挿入することなく装着でき、鼻孔部位の痛みを解消します。また、睡眠時の体位に関係なくマスクが密着性を維持できるように、クッションカーブが独自に設計されています。本マスクは、レスメドのマスクの中で最も軽量で、顔への接触面も少なくなっています。鼻梁や鼻孔の痛みのため従来の鼻マスクに違和感を覚える患者にも適した製品です。快適かつ使用しやすいマスクは、患者の生活の質向上に繋がると同時に、医療従事者の患者指導の時間削減により医療負担の軽減にも貢献します。

レスメドの代表取締役 黒川貴史は次のように述べています。「CPAP治療においてマスクの快適さは非常に重要です。弊社が初めて投入するチューブダウン方式のクレードル型マスクは、鼻にかかる煩わしさを排除し、快適さを追求しています。CPAP治療に慣れていない方でも快適にご利用いただけ、治療に役立てていただけると確信しています」

AirFit N30マスクは本日より、一部の在宅医療会社から取り扱いを開始します。



■レスメドについて
レスメドは、人々がより健康で質の高い生活を送れるよう、自宅での治療を可能にする革新的なソリューションを開発しています。当社のデジタルヘルス技術とクラウド接続型医療機器は、睡眠時無呼吸症候群、COPD、その他の慢性疾患を持つ人々のケアを変革します。当社の包括的な病院外ソフトウェア・プラットフォームは、患者が在宅または自ら選択した医療環境にて健康を維持できるよう支援する専門家や介護士を支援します。より良いケアを可能にすることで、人々の生活の質を向上させ、慢性疾患の影響を軽減し、世界140カ国以上で消費者と医療システムのコスト削減に貢献しています。詳細は https://www.resmed.jp/ を参照ください。

AirFitは、ResMedグループ企業の商標および/または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)