広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

コールドプラズマの市場規模、2026年に33億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「コールドプラズマの世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):産業 (テキスタイル・エレクトロニクス&半導体・ポリマー&プラスチック・食品&農業・医療・その他)・用途 (接着・印刷・創傷治癒)・タイプ (大気圧・低圧) 別」(MarketsandMarkets)の販売を1月17日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1042966-cold-plasma-market-by-industry-textile-electronics.html




コールドプラズマの市場規模は、2021年の16億米ドルからCAGR15.0%で成長し、2026年には33億米ドルに達すると予測されています。コールドプラズマ技術は、プラスチック・ポリマー、繊維、エレクトロニクス、食品・農業、医療など、幅広い分野で大きな可能性を秘めています。また、他の技術と比較して、環境に優しいなどの利点があり、持続可能な技術への注目が高まっている中、今後数年間で多くの採用を獲得すると期待されています。また、繊維生産における技術革新や、食品の安全性に対する関心の高まりも、コールドプラズマ技術の需要を押し上げると考えられます。しかし、高額な設備投資が必要であることや、コールドプラズマ技術の商業化が限られていることが、市場の成長を一定程度遅らせると予想されます。

COVID-19 のコールドプラズマ市場への影響

コールドプラズマ市場は、2020年から2021年にかけて、COVID-19パンデミックによって大きな影響を受けると予想されます。ウイルスの拡散を抑制し、感染カーブを平坦にするために課されたロックダウンや移動制限により、電子・半導体、繊維、ポリマー・プラスチック、食品・農業、医療などの産業に混乱が生じる可能性があります。社会的な距離を置くプロトコルや検疫措置により、繊維、アパレル、半導体・電子機器、大規模農業、非必須サービスなどの需要が減少しています。

牽引要因:コールドプラズマ技術の利点

コールドプラズマ技術の多様な用途には、水やエネルギーの消費量が少ない、繊維へのダメージが少ない、燃焼性が低い、化学物質の消費量が少ない、濡れ性が高い、低コスト、作業者に優しいなど、多くの利点があります。また、コールドプラズマ技術は、導入時や処理後の洗浄時に、供給用の化学物質や大量の処理水を敷地内に保管する必要がありません。このような利点は、コールドプラズマ技術の採用を促進する要因となっています。

抑制要因:高額な設備投資

企業は投資を行う前に、予算を考慮して、投資額とその費用を回収するまでの期間に応じた技術のメリットを分析します。コールドプラズマ技術は、これらのコーティング技術で使用される真空装置などの機器が非常に高価であり、動作のために低温や制御された真空状態などの特殊な動作条件を必要とするため、資本集約的な技術と言えます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1042966-cold-plasma-market-by-industry-textile-electronics.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)