美容・健康 ネットサービス・アプリ

ICTを活用してシニア層の抱える課題を解決~公民共同のビジネスプラットフォーム実現を目指す「大阪スマートシニアライフ実証事業推進協議会」へ参画~

シルタス株式会社
買い物データから食事管理をするアプリ「SIRU+(シルタス)」を運営するシルタス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小原一樹、以下「当社」)は、大阪府域全体における住民の生活の質(QoL)の向上に向けて、特にシニア層の抱える課題をICTの活用により解決することを目的とした「大阪スマートシニアライフ事業」の実証事業を実施する「大阪スマートシニアライフ実証事業推進協議会」に参画することをお知らせいたします。






大阪スマートシニアライフ事業とは

URL: https://www.pref.osaka.lg.jp/chiiki_senryaku/smart_senior_life/index.html

・大阪府内のシニア層及びその家族を対象として、「高齢者にやさしいまちづくり」にフォーカスし、ICTをベースとしたシニアサポートサービスを提供。
・運営主体として公民一体の事業体を設立し、行政及び民間サービスをワンストップで府域全体に提供するプラットフォームの構築・運用するとともに、令和7年度(2025年度)に利用者100万人を目指す。
・まずは事業体設立に必要な条件の検証・分析を行うため、別添企業による上記協議会を設置し、2月から堺市南区(泉北ニュータウン等)他のエリア(下記参照)で専用タブレット(※)を通じた実証事業を開始し、シニアのニーズ把握やマーケット規模等の検証を行う。


(※)実証事業と連携する大阪府府事業として、専用タブレットを利用者に半年程度無償貸与する


大阪スマートシニアライフ実証事業推進協議会について

・構成:大阪府、20グループ23社(令和4年1月21日現在) 別添名簿
・会長:大阪府スマートシティ戦略部長
・事務局:大阪府スマートシティ戦略部
・幹事会:会長を補佐する幹事社7社で構成



実証事業について

・令和3年度中に開始予定エリア
堺市南区(泉北ニュータウンを含む全域) 、河内長野市(南花台)、大阪狭山市(狭山ニュータウン)

・当社の参画内容
当社は、スーパーのポイントカードなどに紐づく購買履歴から栄養の偏りを可視化し、栄養バランスの整う買い物を提案するスマホアプリ「SIRU+(シルタス)」を開発しています。当アプリを利用していただくことで、栄養バランスが偏りがちなシニア層の食事管理ならびに買い物支援に貢献します。 また、離れて住む家族と買い物の栄養バランスを共有することで、本人に代わって商品を購入したり、移動スーパーでお届けすることを可能にします。離れた家族が買い物を通して見守りができる環境をつくることで、シニア層でも安心して健康的な生活を送れることを目指します。



令和4年度以降の取組み予定について

・事業展開エリアの拡大及びサービス提供企業の追加
・事業を運営する法人の設立検討(協議会から事業を承継)



実証事業に関するお披露目イベントについて(予定)

日時:2月7日(月)午後5時15分から午後6時
場所:りそな銀行本店地下講堂
概要:実証事業の趣旨・進め方等についてご説明するもの
1. 知事あいさつ
2. 実証事業説明
3. 知事・参画企業代表者記念撮影



<参考> 大阪府 吉村知事メッセージ

2025年大阪・関西万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」です。その開催地である大阪は、「スマートヘルスシティ」として、ヘルスケアの分野スマートシティ・モデルで世界のトップランナーを目指します。
超高齢社会が到来する中で、今回の新型コロナにより、デジタルに不慣れな高齢者の問題が顕在しました。今後も社会のデジタル化は一層進んでいきます。デジタル化は便利な社会を実現する手段であり、高齢者こそ、その恩恵を受けられるようにすべきだと考えています。高齢者のみなさんにスマートシティサービスを使いやすく提供する、このスマートシニアライフ事業を一日も早く実現するよう庁内に指示を出しました。
もとより、大阪全体の高齢者に、ユニバーサルサービスとして多様なサービスを提供していくことは行政だけではできません。本事業では、公民共同でプラットフォームを構築し、企業の皆さんにビジネスとして持続的に事業に参画していただきたいと考えています。

高齢者の皆さんにも便利になり、企業の皆さんにもビジネスチャンスとなると考えています。さらに、スタートアップの皆さんにも本事業を通じてビジネス機会を積極的に提供し、デジタル技術を活用したヘルスサービスをどんどん創出する「スマートヘスルシティ」として、大阪の成長を実現していきたいと考えています。






「SIRU+(シルタス)」とは



「SIRU+」(https://sirutasu.com/)は、買い物データを自動で栄養分析し、栄養バランスが整う食材やレシピを提案するスマホアプリ。繰り返し利用することで、食の好みをアプリが機械学習し、個人の食生活に合わせて最適な買い物を提案します。日常生活の一部である買い物から健康的な食生活を目指す「頑張らないヘルスケアアプリ」です。2020年4月に食材入力機能を追加し、対象スーパー以外で購入した食品なども登録できます。



会社概要

会社名:シルタス株式会社 SIRUTASU Inc.
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木5丁目9−20 六本木イグノポール 5F
代表取締役:小原 一樹
会社URL:https://corp.sirutasu.com/
事業内容:購買データから栄養バランスを診断するアプリ「SIRU+」のシステム開発と、「SIRU+」を活用したデータマーケティング
設立:2016年11月
資本金:5億9500万円(資本準備金含む)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)