美容・健康 スポーツ・アウトドア

★クラウドファンディング開始★「Gymoo Aqua」折り畳めば厚さたった数cm!0~17kgまで自由に負荷調整できる筋トレグッズをGREEN FUNDINGで!

株式会社Gloture
【筋トレ・ダイエットに/ポータブル/最大負荷17kg】

株式会社Gloture(本社:東京都港区、代表取締役:CHEN JUNYI)は、GREEN FUNDINGにて、0~17kgまで自由に負荷調整できる筋トレグッズ「Gymoo Aqua」のクラウドファンディングを本日より開始いたします。






プロジェクト概要





たためば最小の筋トレグッズ!?



コロナ禍の中、自宅にこもっているとどうしても運動不足になりがちですよね?
でも、運動不足解消にと自宅で使えるトレーニンググッズを揃えようと思うと、収納する場所に困ります。

そんなあなたに使って欲しいのが「Gymoo Aqua」!
折り畳めばわずか5cmほどの隙間に収納することができる、水を利用したポータブルなトレーニンググッズです!

負荷は水で調整できるから、重さの変化も自由自在。
単純な重量挙げトレーニングから、スクワットや腕立て伏せのサポートなど、さまざまなトレーニングの+αに使えます。

「Gymoo Aqua」で、自宅で手軽に運動不足を解消しましょう!

※画像では製品内部の水が見えやすいよう、着色料を使っていますが、リターンには着色料は付属されません。予めご了承ください。

◎ 折り畳めばタオルサイズ!超コンパクトなトレーニンググッズ
◎ 水量を調整すれば誰でも無理のないトレーニング!
◎ 重量挙げも、腕立ての負荷増量も!いろんなトレーニングの+αに


折り畳めばポータブル!超コンパクト設計



「Gymoo Aqua」の負荷は中に入れる水によって生まれます。
そのため、使わないときは中の水を抜いてしまえば、わずか5cmの隙間にも入る超コンパクトサイズに折り畳み可能!
トレーニンググッズに付き物だった「かさばる」「重い」「収納に困る」という問題を完全に解決することができました。


水量調整で無理のないトレーニング



トレーニンググッズのもう一つの問題は、負荷の調整が1kg刻みなどやっや大雑把で、自分に本当にあった負荷にすることができないということではないでしょうか?

「Gymoo Aqua」はそんな問題も解決。
中に入れる水の量を調整すれば、わずか数gから最大17kgまで負荷を自由に調整できます。
無理のないトレーニングを、自宅で簡単に行うことができるのです。

※画像では製品内部の水が見えやすいよう、着色料を使っていますが、リターンには着色料は付属されません。予めご了承ください。


重量挙げや腕立て伏せ…日々のトレーニングの+αに



「Gymoo Aqua」は三日月型の形に4つの取手がついたデザイン。
これによりさまざまなトレーニングをサポートします。

※画像では製品内部の水が見えやすいよう、着色料を使っていますが、リターンには着色料は付属されません。予めご了承ください。

◎ 重量挙げ


二つの取手を両手で持てば、重量挙げのトレーニングに。
両手でしっかりと持ち上げて、腕力を鍛えましょう。

※画像では製品内部の水が見えやすいよう、着色料を使っていますが、リターンには着色料は付属されません。予めご了承ください。

◎ スクワット


「Gymoo Aqua」を抱えるようにして持ち、そのまま屈伸運動をすれば、自重だけでは物足りないスクワットの+αに。
よりたくましい足腰を手に入れましょう。

※画像で使用しているモデルはサンプルです。実際のカラーは製品仕様をご確認ください。

◎ 腕立て伏せ


「Gymoo Aqua」の両端の輪っかに腕を通して背負ってしまえば、腕立て伏せのサポートにも。
「Gymoo Aqua」で自らの限界に挑戦してください!

※画像で使用しているモデルはサンプルです。実際のカラーは製品仕様をご確認ください。

◎ 他にもさまざまなトレーニングが可能!


「Gymoo Aqua」の使い方は無限大です。
ここで紹介している使い方を参考に、あなたの鍛えたいところを重点的にトレーニングしていきましょう。


使い方






「Gymoo Aqua」VS サンドバッグ






製品仕様

サイズ:72×20×43cm
容量:17L
素材:PVC
同梱物:本体、空気入れ、空気入れ用吸入口
製造:中国


※画像では製品内部の水が見えやすいよう、着色料を使っていますが、リターンには着色料は付属されません。予めご了承ください。


プロジェクト概要






Glotureについて


株式会社Gloture(グローチャー)は近未来のライフスタイルを提案するショップ「GLOTURE.JP」を運営しております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)