医療・医薬・福祉

セルファイバ、京都大学iPS細胞研究財団との共同研究を開始

セルファイバ
~iPS細胞の増殖の効率化に関する共同研究を開始~

細胞量産技術開発スタートアップの株式会社セルファイバは、公益財団法人京都大学iPS細胞研究財団と共同研究を開始。財団の理念である「最適なiPS細胞技術を、良心的な価格で届ける」を後押しするため、iPS細胞の増殖の効率化に関する共同研究に着手いたしました


報道関係各位
《2022年1月24日》
株式会社セルファイバ

セルファイバ、京都大学iPS細胞研究財団との共同研究を開始
 細胞量産技術開発スタートアップの株式会社セルファイバ(本社:東京都文京区、代表取締役:柳沢佑、安達亜希、以下「セルファイバ」)は、アカデミアから産業界へiPS細胞技術の橋渡しを行っている公益財団法人京都大学iPS細胞研究財団(主たる事業所:京都府京都市、理事長:山中 伸弥、以下「CiRA_F」)と、iPS細胞の増殖の効率化に関する共同研究を開始しました。本共同研究は、CiRA_Fの理念である「最適なiPS細胞技術を、良心的な価格で届ける」ことを実現するために有力なツールとなりうる取り組みです。




・背景
 既存の細胞製造は手作業に依存した製造工程が主流となっており、製造の合理化・効率化は喫緊の課題となっています。東京大学発スタートアップであるセルファイバは、「『細胞をつかったものづくり』で地球規模の課題解決に貢献する」をミッションに掲げ、後述の「細胞ファイバ」技術を利用した細胞量産技術及び細胞カプセル化装置の試作に成功しております。現在は医療をはじめとした細胞産業の普及に貢献すべく、細胞カプセル化装置の製品化に着手しています。これらの技術や知見を活かし、CiRA_Fの理念の実現を後押しすべく、共同研究を行うこととなりました。

・技術の概要
 細胞ファイバ技術は、髪の毛ほどの細さの中空ハイドロゲルチューブ内に細胞を封入し、培養する技術です。周囲のゲルが内部の細胞を保護しつつ過剰な凝集を防ぐため、従来培養法に比べて細胞を良好な状態で長期間維持することができます。同時に、チューブ内に閉じ込められた細胞から物質が分泌されると、その物質のみがチューブ外に放出されることから、物質生産においても有用な基盤技術といえます。
 細胞ファイバ技術を活用することによって、1.製造施設の省スペース化、2.品質・回収率の改善、3.プロセス開発工数の短縮、4.製造工程の簡略化といったメリットを提供することができます。
iPS細胞を培養中の細胞ファイバ
・共同研究について
 CiRA_Fが全国の研究者や企業に高品質なiPS細胞を良心的な価格で提供していくためには、安全で効率の良い製造手法が必須です。このたびは、細胞ファイバ技術を使い、CiRA_FにてiPS細胞増殖技術の検討を行うため、セルファイバとの共同研究を開始いたしました。iPS細胞を使った再生医療は、がんや心不全、パーキンソン病等の治療法として期待されており、安全で効率の良い製造手法が確立されれば、高額な再生医療治療費用の低価格化や、治療を待つ患者達へ今より早く治療法を届けることへ貢献できるようになります。

・CiRA_Fコメント
 iPS細胞技術を使った治療を当たり前の医療にしていくためには、各機関が協力し、技術の応用に向けた研究を加速させていく必要があります。その中で、今回のようにセルファイバ様と共同研究を開始させていただきましたこと、改めて感謝申し上げます。
昨年11月から共同研究を行い、今年1月にはセルファイバ様より研究員の方に常駐いただき、より密接に連携させていただいております。早期に、より効率的なiPS細胞増殖技術を確立することを目標とします。

・株式会社セルファイバについて
・設立年月:2015年4月1日
・所在地:〒113-8485 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟216
・代表者:柳沢 佑、安達 亜希
・資本金:66,650,000円
・事業内容:細胞ファイバ技術を用いた、細胞大量培養ソリューションの開発
・公式サイト:https://cellfiber.jp/

・公益財団法人 京都大学iPS細胞研究財団(略称:CiRA_F)
・設立年月:2019年9月6日
・所在地:〒606-8397 京都府京都市左京区聖護院川原町53番地
・代表者:山中 伸弥
・事業内容:細胞製造、品質評価、細胞保管管理及び細胞調整施設の管理・運営、研究開発等
・公式サイト:https://www.cira-foundation.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)